みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『黄昏の百合の骨』 恩田 陸

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は...。

【感想】

前作(『麦の海に沈む果実』 恩田 陸 - みみの無趣味な故に・・・)の理瀬が更に芯が強く、聡明な美しい少女と成長し、より深い闇の世界に足を踏み入れていきます。

祖母の一回忌で集まる親族たち。祖母が洋館に隠した「ジュピター」という謎の存在を巡り、理瀬と叔母たち、従兄弟の稔と亘、友人の朋子が絡み、それぞれの心を揺るがしていく。不審死、毒殺、失踪と不穏な出来事が相次ぎ、女性たちの心理戦に緊張感が高まります。理瀬の魅力が怖すぎる。。魔性度アップで男性陣タジタジドキドキ💓亘との訣別が潔くてかっこいい。
「善など悪の上澄みの一すくい。悪の魅力に比べれば、早朝の儚い霧のようなもの」。。読む度に、この一文が強く印象に残る。祖母、父の血を受け継ぎ、生きる理瀬と幸福の中で生きる亘。善と悪は交差することはないと、理瀬は少女時代の自分と訣別をする。闇の世界で生きる覚悟を強く感じ、とても切ないけど、理瀬の魅力をグッと引き出され、とても好きなシーンです。

たたひとつだけ、朋子の結末が、なんでよ?って、腑に落ちないの。。これはないわって、結末なの(↓↓↓もうちょい下で↓↓↓思いっきりネタバレします)

でも面白い。洋館に似合う?怖い女たちばかりなので笑。

本作を読んだ後に「睡蓮」(『図書室の海』に収録)を読んでほしい。理瀬が洋館に住んでいた幼少期が描かれています。小学生の理瀬が祖母の前ではしっかりした孫娘、稔の前では完璧な女の子、亘の前では無邪気な妹と「女の子」を作りあげていきます。亘の前だけは少女でいられた理瀬と亘の淡い恋心など、理瀬の葛藤が伝わり、シリーズを通して読むと、より楽しめます。
次は最新刊、読みま〜す。楽しみ〜♪

 

さてさて、ちょいネタバレしますので、未読の方、要注意。

理瀬の友人で、近所に住む朋子。美人のお嬢様。亘に恋をしてるが、理瀬に夢中な亘には振り向いてもらえない。朋子に恋をする男子校生の田丸くん。朋子は全くその気がなく、迷惑な存在でしかない。田丸くん、謎の失踪。犯人は朋子。田丸くんは洋館の下の井戸(祖母の秘密が隠されている場所)に閉じ込められていた。朋子の企みは女子高生とは思えないほど、恐ろしい。理瀬への嫉妬、亘との関係を阻止する祖母への恨み、田丸くん失踪の罪を理瀬になすりつけようとする朋子の豹変ぶり。破壊ぶりが怖い。修羅場化する洋館で一人暴れをし、気絶する朋子確保と井戸の中で倒れている田丸くんを救出。。稔が二人に暗示をかけて、洋館の秘密を封印。暗示をかけられた二人は誰もが羨む素敵なカップルとなり、ラブラブな日々💓。。なんでよ?って事です。「幸せというのは、なんてグロテスクなものだろう」。。理瀬は感慨深く思うのであった。。じゃなくて、何で暗示がかけられるの?暗示を解かれた田丸くんの先行きが心配だわ。殺されかけた相手とラブラブって。。以上です。

『麦の海に沈む果実』 恩田 陸

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

【感想】

数年ぶりに再読。久しぶりの読書。大好きな理瀬シリーズの最新刊を読む前に、理瀬を振り返ります。何度読んでも理瀬の魅力に引き込まれる。

湿原に囲まれ、外界から孤立した全寮制の学園。高度な専門教育を受ける事ができ、良家の子女や才能溢れるエリート揃いだが、家族から存在を望まれず、寮に入れられた子など家庭事情が複雑な生徒たちばかり。学園の秩序を守る為に、生徒たちは徹底とした教育を受ける。専門的な学業や数々の行事、美味しい食事、自由で優雅な学園生活のようだが、全て学園の秩序のために費やす部隊のような生徒たち。謎の失踪が起きても、殺人事件?が起きても学園を乱すことは許されないのです。校長が全て処理をし、なかったことに...。校長の支配下にある生徒たち。この学園は優雅な牢獄のようなもの。。
二月に転入した謎の美少女・理瀬を巡り、疑惑に満ちた生徒たちは学園の謎に迫っていきます。徐々に精神が不安定になっていく理瀬が過去の呪縛から解き放たれ、本来の自分を取り戻す。。理瀬の魅力に目が離せなくなります。
登場人物たちの繊細な感情や思惑が渦巻き、破滅に向かう一方、最後まで崩れない幻想的な世界観を保つ学園(校長の権力と財力のおかげ笑)。。伝統を揺るがせない学園の存在、圧倒的な世界観がこの物語の魅力の一つなのだと、思う。再読すると新たな発見があって面白い。

読後、『三月は深き紅の淵を』の第四章「回転木馬」も再読。幻想の学園帝国に展開する悪魔のような世界に生きる人々たち。破滅的で混沌とし、深い闇に迷い込んでしまいそうな三月の国を小説家がまさに描こうとしてるお話...現実と虚構の狭間を行き交う作家の執筆過程や心理、不思議な感覚を体現されていて、興味深い。「見慣れた風景にだまされる気分。見せかけだけの都市。本当の姿はこうではない。どこかに見えない世界の尻尾がはみだしているのではないか。本当の世界の切れ端が落ちてはないかと外の風景に目を凝らす。見つかったためしはないけど...」この心境は共感を得る。三月の国を描いてくれて、恩田さんに感謝です。理瀬が広い世界で、どう成長を遂げるか、この先が見逃せない。大好きなシリーズです ^ ^

『暴虎の牙』 柚月 裕子

 

暴虎の牙 「孤狼の血」シリーズ (角川書店単行本)

暴虎の牙 「孤狼の血」シリーズ (角川書店単行本)

  • 作者:柚月裕子
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: Kindle版
 

 おすすめ ★★★☆☆
【内容紹介】

博徒たちの間に戦後の闇が残る昭和57年の広島呉原。愚連隊「呉寅会」を率いる沖虎彦は、ヤクザも恐れぬ圧倒的な暴力とそのカリスマ性で勢力を拡大していた。広島北署二課暴力団係の刑事・大上章吾は、沖と呉原最大の暴力団・五十子会との抗争の匂いを嗅ぎ取り、沖を食い止めようと奔走する。時は移り平成16年、懲役刑を受けて出所した沖がふたたび広島で動き出した。だがすでに暴対法が施行されて久しく、シノギもままならなくなっていた。焦燥感に駆られるように沖が暴走を始めた矢先、かつて大上の薫陶を受けた呉原東署の刑事・日岡秀一が沖に接近する…。不滅の警察小説シリーズ、令和でついに完結!

【感想】

孤狼シリーズ完結。

第一弾の『孤狼の血』の大上刑事(ガミさん)が再登場。広島弁の言葉の凄みに圧倒され、堅気(←一般市民)を極道から守る熱き心に打たれつつ、愚連隊とヤクザの抗争をどう阻止していくのか?と期待をしていたのだが、、うーーーーーん。なんか違うなぁ。愚連隊の沖虎彦を中心に物語は広がるのだけど、ガミさんやガミさんを取り巻く素敵な?ヤクザたちの存在が薄い。。ほぼ登場しない。沖虎彦の不幸な生い立ちや危険な人物像や仲間たちの野望など、警察や極道より愚連隊中心なので、仁義も何もなく、暴走や暴力に萎える。ガミさんの悲しい過去にも触れるが、中途半端な感じで入り込めないまま、昭和時代が終わる。時は進み平成16年、ガミさんの遺志を継ぐ日高秀一が広島に戻ってきた。(←続編『凶犬の眼』面白い)。。日高くん登場は嬉しい。しかし前半のガミさん同様、日高くんの存在も薄い。そのうえ暴対法が施行され、警察もヤクザも動きが取れにくくなる。出所後、時代遅れの沖と、仲間たちの温度差が広がる(沖、暴力ばかりでやだぁ)。。違法捜査し放題の警察(ガミさんね)や、殺った殺られたのドンパチ騒ぎでハチャメチャな昭和の極道から暴力団排除の流れで暮らしにくくなる平成の極道。。物語も時代と共に熱から冷めていく。。現実社会に沿って描くと、小説的娯楽は味わえないのね。とてもリアリティ。。時代は変わったんだよ..確かに完結でした。

 

『デッドボール』 木内 一裕

 

デッドボール (講談社文庫)

デッドボール (講談社文庫)

  • 作者:木内一裕
  • 発売日: 2013/06/14
  • メディア: Kindle版
 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

仕事なし、彼女なし、借金あり。とにかくツイてない。律儀なことが唯一の取り柄。そんなノボルに持ちかけられたのは、絶対に失敗するはずのない完全誘拐計画。その報酬は一千万円。人生を立て直すためのたった一度の犯罪。そう誓って受けたこの仕事。だが彼は、身に覚えのない事件の殺人犯になっていた。

【感想】

先に読んだ『不愉快犯』に出てくる登場人物たちが、別の役柄で登場してました。

成宮さんは相変わらず、不愉快だわ~笑

両作とも、痛快に駆け抜けていき、余韻も記憶も残さず駆け抜けていく感じ。。それが木内作品の良い所なんだね。

『不愉快犯』 木内 一裕

 

不愉快犯 (講談社文庫)

不愉快犯 (講談社文庫)

  • 作者:木内 一裕
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: 文庫
 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

人気ミステリー作家・成宮彰一郎の妻が行方不明になった。殺害の現場とされた潰れたビデオ販売店には、大量の血痕と成宮の靴跡が。「遺体なき殺人」の容疑で逮捕・起訴された成宮の、邪悪なる「完全犯罪」プランとは?天才悪役が、警察を、司法を、マスコミを翻弄する前代未聞の犯罪エンターテインメント小説。

【感想】

美しい妻を殺害したミステリー作家の完全犯罪。凶悪犯罪に芸術性を見出す不愉快な犯人。ずっと不愉快な感じが...イイね!(←これ、成宮の口癖?めちゃ不愉快)

シンプルなストーリー、面白いです。

『注文の多い注文書』 小川 洋子 クラフトエヴィング商會

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

川端康成「たんぽぽ」、サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」、村上春樹の「貧乏な叔母さんの話」、ボリスヴィアン「うたかたの日々」、内田百閒の「冥途」、5つの物語に登場する“この世にないもの”を小川洋子が注文し、クラフト・エヴィング商會が探し出す…。はたして「ない」はずのものは、注文主に届けられるのか?現実と架空が入り混じる世界で、2組の作家が想像力の火花を散らす前代未聞の小説。

【感想】

クラフト・エヴィング商會は吉田篤弘さんと吉田浩美さん夫妻の制作ユニットで「あるはずのない書物、あるはずのない断片」などを実際に雑貨で再現し、短い物語を添えて展示されているそうです。明治30年に創業し、お二人は3代目にあたる...という架空設定があり、存在しているようなしていないような、、なんとも不思議で面白い。吉田篤弘さんの本はいくつか読んだことがありますが、どれも浮遊感を伴い、ホワッと温かな空気感や懐かしさを感じます。本作は小川洋子さんとの共作です。
実際の小説の中に出てくる「ないもの」を探す小説。注文書、納品書、受領書という構成で描かれた短編集です。
 
ゆめかまぼろしか異界のような場所に佇む一軒の店。扉を開くと女性の店主が「何かお探しですか?どんなものでも、お取り寄せしますよ」...「本当にどんなものでも?」「もちろん、ないものでもありますよ」「じつは、昔、読んだ本に出てきたものなんですが」と...依頼主の注文が始まる...こういうの、大好き。

小川洋子さんの注文書が面白い。小説に登場する「在るもの」を注文する依頼主たち。なぜ必要なのか?その理由を自問自答しながら、自分の物語を語る注文書。独特な依頼主たちから、とてつもなく広がりのある世界を感じる。
品物を探し出したクラフトエヴィング商會の納品書は写真付きで説明をしてくれます。とある調査機関を使ったり、時空をかける不思議な現象に巻き込まれたり...。時間をかけて探し出してくれるのです。
小川洋子さんの受領書は切ない。時間をかけて探し出してくれたものの、時が進み、依頼主たちの状況や心の変化が起きる。手にしたかったものが、全てを解決してくれるわけではない。物ではなく、時が残酷に解決してしまう時もある。小川さん特有の喪失感を味わうのでした。
 
ないものを探す。時間をかけて、エネルギーを注げば、どんなものでも必ず見つけられるかもしれない。現在はネットで簡単に答えが見つかる。答えがない時の諦めも早い気がする。昔は探し物の為に時間も労力もかけて、手にしたものは宝物のようだった。物だけではなく、人もその時に気づかなかったことでも、時間をかけて、自分を成長させることで気づくこともある。。本もそうかな。時間をかけて読み、大きなものを吸収したり...時には喪失したり...笑。今回も小川洋子さんの創造力は素晴らしかった。。なんとも心地よい読書でした♪

 

『パチンコ』ミン・ジン・リー

 

パチンコ 上 (文春e-book)

パチンコ 上 (文春e-book)

 

 おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

日本に併合された朝鮮半島、釜山沖の影島。下宿屋を営む夫婦の娘として生まれたキム・ソンジャが出会ったのは、日本との貿易を生業とするハンスという男だった。見知らぬ都会の匂いのするハンスと恋に落ち、やがて身ごもったソンジャは、ハンスには日本に妻子がいいることを知らされる。許されぬ妊娠を恥じ、苦悩するソンジャに手を差し伸べたのは若き牧師イサク。彼はソンジャの子を自分の子として育てると誓い、ソンジャとともに兄が住む大阪の鶴橋に渡ることになった……

パチンコ 下

パチンコ 下

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

さまざまな苦難に耐えながら、彼らは強く生き抜こうとする。在日コリアン一家の苦難の物語は戦後へ。劣悪な環境のなかで兄嫁とともに戦中の大阪を生き抜き、二人の息子を育てあげたソンジャ。そこへハンスが姿をあらわした。日本の裏社会で大きな存在感をもつハンスは、いまもソンジャへの恋慕の念を抱いており、これまでもひそかにソンジャ一家を助けていたという。だが、早稲田大学の学生をなったソンジャの長男ノアが、自分の実の父親がハンスだったと知ったとき、悲劇は起きる。戦争から復興してゆく日本社会で、まるでパチンコの玉のように運命に翻弄されるソンジャと息子たち、そして孫たち。東京、横浜、長野、ニューヨーク――変転する物語は、さまざまな愛と憎しみと悲しみをはらみつつ、読む者を万感こもるフィナーレへと運んでゆく。巻措くあたわざる物語の力を駆使して、国家と歴史に押し流されまいとする人間の尊厳を謳う大作、ここに完結。

1910年の朝鮮半島で幕を開け、大阪へ、そして横浜へ――。小説というものの圧倒的な力をあらためて悟らせてくれる壮大な物語。四世代にわたる在日コリアン一家の苦闘を描いて全世界で共感を呼んだ大作。「物語」というものの圧倒的な力を見せつける大作は1989年に幕を閉じる。構想から30年、世界中の読者を感動させ、アメリカ最大の文学賞・全米図書賞の最終候補作となった韓国系アメリカ人作家の渾身の大作。

【感想】

生まれ故郷から大阪へ移住するソンジャ。日本人による在日コリアンに対する差別を受け、抗いながら生きていく一家を必死に追いかける上巻でした。

下巻は感情を揺さぶられ続けました。あらゆるマイノリティに対する非情で残酷な差別。彼らは屈辱的な存在価値であることを知っている。種子、血...見つからない出口にどう抗えばいいのか?どう生きていけばいいのか?自分の想像力の至らなさを痛感させられました。理解をすることはとても難しい。世界を変えることは無理に等しい。居心地の悪さを感じてしまうのは、誰もが過ちを犯していることを突きつけられたからだと思う。

「人が何者なのかを決めるのは血だけではない」

差別がなくならない社会で諦めながら生きる人々がいる。在日コリアンが行きつく仕事がパチンコ店という現実に逃れられない運命を感じ、流れに身を任せるノアに諦めを受け止める姿勢を強く感じました。アイデンティティに苦悩し、絶望する人や闘っている人もいる。家族というのは、守る力が強ければ強いほど過ちを背負い、取り返しのつかない後悔を抱えていくこともある。。ソンジャの晩年は胸が締め付けられる思いです。差別を覚悟で移住した一世と祖国を選べない二世。この溝はとても深く、永遠と続く。ソンジャのハンスとの出会いは決して過ちではないと思いたい。過酷な人生ではあったが、ハンスの存在はソンジャの人生にかけがえのない大切なものを残した。素晴らしい人格者の夫・イサク、厳しい義兄と優しい義姉、息子、孫たち。。ソンジャの母・ヤンジンと義姉・キョンヒと女三人が台所でくりかえす言葉「苦生」(コセン)。。「苦労は女の宿命」。。どの時代も女性は強い。。愛する家族の為に人生を築き、子供たちも人生を築き続ける。。ラストは衝動が抑えられず、涙が次から次へと溢れ、悲しみが広がるばかりなのです。それでも前に進み、家族と共に生きるソンジャ。強いなぁ。祖国を離れて別の国を故郷にしたコリアン一家の、、ソンジャの激動の物語。ぜひ読んでほしい。