みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『ネバーランド』 恩田 陸

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

【感想】

恩田さんの初期の作品。未読だと思ったら読んでました。

寮で過ごす四人の男子高生たちの自由で孤独な休暇。毎晩、酒盛りで大騒ぎ。二日酔いになっては迎え酒。。自由過ぎる!告白ゲームから引き出されるそれぞれの辛い過去。幽霊騒動から親の離婚問題、吊るされた人形...と、日々何かしら巻き起こる非日常的合宿のよう。朝になると、酒の調達をし、宴会準備をする男子たち。。かなり重くて、深刻な問題を告白した男子もいるのだけど、テニスを楽しんだり、走ったり、また酒盛りしたりと、飄々と過ごすところが男子らしい...のかな?酒と煙草にまみれていますが、爽やかな美少年たちなのです。四人の女子たちだったら、もっとオドロオドロしい方向に行っていただろう。そちらの方が面白そうと思ってしまい、すっかり黒みみ化するのでした。

作者のあとがきに「恩田さんの描く高校生はさわやかすぎる」と言われていたようです。やっぱり。

文庫版あとがきを読むと、恩田さんは当時の自分を振り返り、ほろ苦さを味わってました。この物語を今描くと、ゆったりとして、クールな体温の低い小説になるだろうとも。。深みのある作品になりそうで読んでみたいけど、奔放でまっすぐな男子たちの駆け抜けた七日間がクールになるのも、寂しいかもしれない。

 

 

 

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

継承される血と野望。届かなかった夢のため、子は、親をこえられるのか? 成り上がった男が最後に求めたのは、馬主としての栄光。だが絶対王者が、望みを打ち砕く。夢は血とともに子へ継承される。

【感想】

税理士の父と一緒に働くという夢が父の死により叶うことができず、喪失感を抱えた栗須栄治。心にぽっかり穴をあけた時に出会った人物は我が道を行くワンマン社長・山王耕造。会社を大きく成長させ、馬主としても存在感を放つ。経営困難となった牧場で購入した馬は「ロイヤルホープ」と名付けられ、目指すはG1制覇。馬主の夢や野望、牧場主、調教師、騎手、その家族たちの思い、馬だけではく、馬主の父と子の継承など、秘書となった栗須の視点で語られていきます。興味深い内容なのですが、栗須さんの語り口調が、わたしとは相性が良くなかったのか、物語にうまく入り込むことができない時もしばしば、人間性の魅力があまりにも欠落していることに少し同情も。。しかし馬から学ぶことがあり、特に調教師さんの言葉には注目してしまいます。気性の荒い馬をどう調教するのか?繊細な馬の扱い方とか...。頑張りを評価される人間とは違い、馬は結果でしか未来を切り拓くことができない。たった一頭だけが栄光を掴める。馬主の愛馬に注ぐ情熱(莫大な投資)....血統と継承....この重責に携わる人々の覚悟や使命に、ため息が漏れるのでした。

『ブラック・ティー』 山本 文緒

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

結婚して子どももいるはずだった。皆と同じように生きてきたつもりだった、なのにどこで歯車が狂ったのか。賢くもなく善良でもない。自分のしたことはいつか自分に返ってくるかもしれない。心に問題を抱えた寂しがりたちが、懸命に生きるさまを綴った短篇集。

【感想】

日常に潜む小さな罪。置き引き、DV、家族間の窃盗、留守電の盗聴、飼い猫の誘拐、不倫、キセル、などなど...軽犯罪を犯してしまう人の心理。明らかに犯罪ではあるが、境界線スレスレの絶妙な罪。被害者も知らぬ間に小さな罪を犯していることに気づかなかったりと・・・。感情の境界線を自分でも知らずに超えてしまうかもしれない。特に「ニワトリ」という話。レンタルビデオ店から返却していないビデオの高額請求を取り立てられる女性。そのことをきっかけに姉妹や友達、恋人から借りた物を忘れてしまい、返さない事で信頼を失っていた事を知る。知らぬ間に人の心を踏みにじってしまうこと。気をつけねば!と思いました。

「純真でもなく、賢くもなく、善良でもない平凡な人々ができることを精一杯するだけ。」

この一文に尽きる。

罪は褒められた事ではないけど、正しく生きる人ばかりではない。人の見方によっては、誰もが罪を犯してる。そう考えると、とても怖い。

山本文緒さんの訃報を聞き、残念な気持ちが広がります。哀悼の意を込めて、読ませていただきました。

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』 町田 そのこ

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

すり鉢状の小さな街で、理不尽の中でも懸命に成長する少年少女を瑞々しく描いた表題作。その他4編を収録した、どんな場所でも生きると決めた人々の強さをしなやかに描き出す5編の連作短編集。

【感想】

五編の冒頭の一文が心を掴む。

 

前歯が取れたさっちゃんは一緒に住んでる男に笑われる。ほんの小さなきっかけで思い起される一生に一度の恋(「カメルーンの青い鳥」)

舌先でなぞる空間。大好きなあの人との再会。歯が埋められても、埋められないものがあるよね...ほろ苦いわ。これがデビュー作!秀逸なラストに驚き!

 

「夏休みに入る前、近松晴子が孵化した」

祖母に育てられた体も気も小さい晴子。祖母を馬鹿にする同級生に激怒した晴子。母子家庭で育った啓太はある目的で新聞配達のバイトを始める。事情を抱えた二人が理不尽な中でも懸命に生きる(「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」)

片親に育てられた啓太と晴子。啓太の眩しさに、晴子の強さに惹かれ合い、寄り添う二人の健気な気持ちに胸打たれます。啓太の晴子への感性にときめく💕

 

「今日は私の誕生日で、とてもいいお天気の日曜日だから、死ぬにはぴったりの日だなと思った」

流産と死産をし、子供が産めない体となった桜子に暴力を振るう夫。死ぬつもりで出かけた桜子。人生を揺るがす時に必ず出会う男とその日も再会する。(「海になる」)

ラストの物語は苦痛と息苦しさと緊迫感が伴う。でも一番心に残るお話でした。苦しみを抱えながら生きる意味。死の覚悟を持っても、死なない運命。男が桜子に見出す生の象徴に衝撃を与えられたように、わたしも衝撃を受けました。

 

他の2編もとても良かった。それぞれの境遇で喪失感、虚無感、閉塞感、罪悪感を抱えた人々が懸命にあがきながら生きていく。抗い、諦め、絶望を経て、強い決意を持ち、一歩を踏み出す物語。

ラストの物語までへの構成の巧みさと読ませる筆力に感嘆❣️さっちゃんが時折出てくると、ホッとするわ〜(*˘ ˘*)

『高瀬庄左衛門御留書』 佐原 浩太朗

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

神山藩で、郡方を務める高瀬庄左衛門。50歳を前にして妻を亡くし、さらに息子をも事故で失い、ただ倹しく老いてゆく身。残された嫁の志穂とともに、手慰みに絵を描きながら、寂寥と悔恨の中に生きていた。しかしゆっくりと確実に、藩の政争の嵐が庄左衛門を襲う。

【感想】

妻と息子を失った庄左衛門が寂しさや後悔の中でも静かに隠居を過ごす姿が父と重なってしまいました。ささやかな趣味を楽しんだり、慣れない家事に一苦労したり。。季節の移ろいを庭先で見つめる姿など、、年は違いますが、父の事が頭に浮かび、じんわりと心に染み込み、少し切ない気持ちになるのです。

息子の同級で神童だった弦之助への嫉妬、子弟関係となる嫁・志穂への戸惑い、巻き込まれる政争、旧友との再会、息子の死の真相と、平穏に過ごしたい庄左衛門は様々な展開に心を揺さぶられていくのですが、一貫として上品な文章から、静けさが漂い、庄左衛門の人柄、立ち居振る舞い、心の内まで全てが美しく、物語の躍動さも美しく感じられてしまう。読み手のわたしも静観してしまいます笑。

家族を失った庄左衛門が前に進んで生きようとしたのは、志穂の存在が大きい。趣味の絵で交流を重ねる庄左衛門と志穂。舅と嫁、子弟関係を超えた感情が二人を戸惑わせていくのです。微妙な距離感や色めく空気が生々しい(父と義姉を思い浮かべてしまった... (ヾノ´°ω°)イカンイカン..環境は一緒だけど、こんな空気感はない笑)

庄左衛門に仕える余吾平と半次や、父のように慕う弦之助や志穂の弟・俊次郎は静かな庄左衛門の暮らしを賑やかにしてくれる。人の別れもあれば、新たな出会いもある。庄左衛門のように温かい空気が常に流れ、素敵な人たちに囲まれるような人生を送りたい。

神山藩シリーズ第一弾だそうなので、第二弾も楽しみにしてます。

『博士の愛した数式』 小川 洋子

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。

【感想】

シングルマザーで家政婦の私は老婦人(未亡人)から義弟の世話をしてほしいと依頼される。変わった老人は記憶を80分しか持てない元大学教授で数学学者。私は「博士」と呼び、記憶を失うごとに常に新しい家政婦として、身の回りの世話をする。私の息子を博士は「ルート」と名付け、とても可愛がる。博士とルートが育む友情を温かい気持ちで見守る私。博士から教わる数学の世界に魅了されていくうちに、博士の愛する数式と出会うのです。

博士と私...それぞれに因んだ数字が友愛数で結びつき、特別な共有を持つ博士との信頼関係を築いていきます。

博士とルート...老人と10歳の友情は微笑ましい。お互い、慈しみ合って、友愛を深めていく。博士の子供へ注ぐ愛の深さ、人間らしさが強く出ています。

博士と未亡人...物語では決して語られる事がない博士の愛が数式を通して語られているのです。忘れられない数式。この数式に込められた想いから、博士の秘めた愛の物語が色鮮やかに想像されるのです。なんて残酷で、なんて美しいのだろう。

博士と数学...圧倒的に心奪われるのは数学と文学。数学の崇高さ、秩序のある数字の美しさ、潔さ、詩の一節のような語らいに胸が高まり、博士の喜び、悲しみ、静けさ、深い愛に胸打たれ、何度も押し寄せる感動に...思わず泣いてしまいました。外で読んでいたので、隣の人に心配をされてしまったほど、感極まってしまった🥲

完全数、過剰数、不足数の説明を受けた「私」が、「それらは最早ただの数字ではなかった。人知れず18は過剰な荷物の重みに耐え、14は欠落した空白の前に、無言でただずんでいた」

数学の美の表現力に何度も惹きつけられてしまいます。美しい...静かに佇む数字の奥深さ...数学の矛盾なき調和、難解な定理でも、スッと入り込める小川洋子さんの文章力が素晴らしくて、感動です❣️

わたしが読んだ小川洋子さんの作品は「喪失」のテーマが多い。『密やかな結晶』は物の記憶を強制的に奪われ、次第に失っていく。消滅を認知する怖さ、かけがえのない物が失われていく悲しみ。博士の「記憶が80分しかもたない」。失う辛さを思うと胸が痛い。でも博士が決して忘れなかったものは「愛」でした。数学、ルート、かつての恋人、私...博士の優しくて、温かくて、ちょっと悲しみがある愛おしい日常にポロポロっと涙しました🥲泣いてばかり笑。

『ゴッホ展 響きあう魂 へレーネとフィンセント』

 

世界最大の個人収集家ヘレーネ・クレラー・ミュラーが初代館長を務めたクレラー・ミュラー美術館からゴッホの油彩画28点と素描、版画20点、ファン・ゴッホ美術館から4点が展示されていました。

f:id:mi2_co2_rin33:20211019081939j:image


へレーネさんは実業家の夫の支えで110000点を超える作品を入手。会場の入り口には、へレーネさんが収集したゴッホの作品と値段が年代別に紹介されていて、数もですが、値段に驚き(゚∀゚ノ)ノ

f:id:mi2_co2_rin33:20211019081748j:image

ゴッホ展をより楽しもうと、ゴッホの義妹(テオの妻)・ヨーの著書『フィンセント・ファン・ゴッホの思い出』を読みました。ゴッホの生涯が描かれています。ありあまる熱意が、ゴッホの人生を狂わし、翻弄される家族の苦悩が伝わります。

f:id:mi2_co2_rin33:20211019081625j:image

 

お気に入りの作品を紹介します。

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082119j:image

『黄色い家(通り)』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1888年 アルル)

ゴッホが借りていたアルルのアパート。ゴーギャンも滞在していたそうです。パリの生活に疲れたゴッホの心が解放され、青空が広がり、のどかさと温かさが伝わる。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082151j:image

『夜のプロヴァンスの田舎道』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1890年 アルル)

展示のラストに飾られた糸杉。ゴッホの死のイメージが描かれていますが、空に向かってそびえ立つ糸杉には力強さも感じ、わたしには生と死の境界が描かれているように見えます。どちらもゴッホにとって、圧倒的に支配されていたことなんだと思う。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082222j:image

『サント=マリー=ド=ラ=メールの海景』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1888年)

ゴッホは田園など長閑な風景を描く印象が強いので、海は珍しいと思いました。油の中に砂も混じっているので、実際に海に来て描いた絵。。左下の赤字の力強いサインから、ゴッホの高揚した気持ちが伺えます。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082252j:image

『種まく人』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1888年 アルル)

ミレーの「種をまく人」をモチーフにゴッホが描いた。ゴッホの描く黄金色に輝く麦や稲穂からは生命を感じます。この絵には太陽が光り輝いていて、ゴッホの生きる力を感じました。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082333j:image

『サン=レミの療養院の庭』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1889年 アルル)

ゴッホの療養院の荒れた裏庭。描く喜び、熱意、意欲がゴッホの心の支え。右下のサインからも感じ取れます。サインを書く時のゴッホは心浮き立つ時のようで、見つけるとうれしい💕

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082401j:image

『悲しむ老人』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1890年 オランダ)

人間の悲壮を描く繊細なゴッホの心に惹かれるへレーネに夫のアントンがプレゼントした絵。へレーネの喜びの手紙が添えられていました。。素晴らしいサプライズ。。素敵な旦那様ね💓

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082418j:image

『レモンの籠と瓶』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1888年アルル)

へレーネさんお気に入りの絵。わたしも好き💕
黄色の色彩を上手に重ね合わせて、レモン、オレンジ、ビン、籠一つ一つの存在感が表現されています。黄色の色使いが凄くて、感動しちゃいました。

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082441j:image

『レストランの内部』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1887年 パリ)

ゴッホの点描画。スーラの手法を真似ながら、独自の手法を作り上げてます。奥の絵はゴッホの絵で、知人のレストランなのではないかと、説明に書かれてました。この頃は様々な画家たちや日本の浮世絵に影響を受けていて、色彩豊かで柔らかい印象の作品が多かったです。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082516j:image

『砂地の木の根』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1882年 オランダ)

画家を目指し始めたゴッホ。水彩画です。
鉛筆、黒チョーク、茶、灰色などを使用して、黒の色彩の研究に励んでます。陰影の効果で淡い雰囲気や光りを作り上げたり、、才能を感じられますね。すごいわ。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082538j:image

『ヘレーネ・クレラー=ミュラーの肖像』
フローリス・フェルステル(1910年)

クレラー=ミュラー美術館の初代館長。翌年に亡くなったそうで、館長歴が短い(゚o゚;;
この肖像画は御本人はあまり好ましくないようです。表情が厳しい笑。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082606j:image

『カフェにて』
ピエール=オーギュスト・ルノワール(1877年頃)

序盤に飾られてましたが、コーヒーを飲みに行きたくなった☕️

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082641j:image

静物(プリムローズ、洋梨、ザクロ)
アンリ・ファンタン=ラトゥール(1866年)

序盤に惹きつけられた作品。へレーネさんは「ゴッホ以上の才能」とアンリさんを高く評価していたようです。。ゴッホ展で、それ発表しちゃう?笑。素敵な絵です。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082716j:image

『キュクロプス』
オディロン・ルドン(1914年頃)

神話の本の挿絵で見たことがあるの。インパクト強いよね。なんかとっても怖いお話だった気もする。。愛して愛してやまない女性に怖いことするんじゃなかったっけ?

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082805j:image

『ポール=アン=ベッサンの日曜日』
ジョルジュ・スーラ(1888年)

スーラの点描画。実物を見てほしい。色彩の密度の高さに驚きます。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20211019082919j:image

『夜のカフェテラス』
フィンセント・ファン・ゴッホ(1888年)

こちらは展示されていませんが、へレーネさんの収集作品のひとつ。素敵なので、複製画を購入。パリの夜の雰囲気に浸りながら、ワインを楽しみたい🍷日本だけど笑

 

オランダからパリを経て、アルルまで。絵からゴッホの心情、生涯に触れ、心躍り、心解されていくのを感じました。生前のテオの献身的な支え、死後、ゴッホの絵を世界中に好きになってもらいたいと懸命に広めたヨー。わたしがゴッホ作品に感銘を受け、喜びを感じられるのも、家族の不屈の精神とゴッホに惹かれたへレーネさんの功績のおかげです。感謝〜💕