みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『あの子は貴族』 山内 マリコ

 

あのこは貴族 (集英社文庫)

あのこは貴族 (集英社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

地方生まれの美紀と東京生まれの華子。
アラサー女子たちの葛藤と成長を描く、山内マリコの傑作長編!

「苦労してないって、人としてダメですよね」――東京生まれの箱入り娘、華子。
「自分は、彼らの世界からあまりにも遠い、辺鄙な場所に生まれ、ただわけもわからず上京してきた、愚かでなにも持たない、まったくの部外者なのだ」――地方生まれ東京在住OL、美紀。

【感想】

上流階級の温室育ち、世間知らずのお嬢様である華子がとにかく可愛い。。そして危なげ。。貴族女子(祖母も母も華子も)のリアル感満載で面白い。。華子の恵まれた環境が視野を狭め華子を大いに苦しませる。。結婚に焦り、お見合いを重ね、理想の男性と出会う。育ちは違くても華子のような焦りや悩みは誰もが陥りそう。。特に結婚生活の夢と現実による閉塞感は居たたまれなくなる。。

一方、地方生まれの上京組の美紀は猛勉強の末に東京の大学に入るも、親の経済不振で中退。夜のラウンジで働くと高校時代の同級生と再会。。ダラダラと関係を続けていく。。東京の上陸階級に直面する美紀の心の内が上手に描かれている。。上流階級の「普通」には驚かされる笑。。とにかく美紀の生き方がかっこいい。

境遇の違う二人が巡り会うきっかけ...上流階級の男。泥沼化するだろうと思われるが、、何とも潔い。。女友達というのは強固だと思われた幻想の絆があっさりと破綻し、自己暗示による脅威的存在になる...かもしれないが、やっぱり強烈に頼もしい味方だと実感。。男性社会、、成長しなさ過ぎ。。女性に甘え過ぎ。。( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ

同じ真理子さんの『東京』 林 真理子 - みみの無趣味な故に・・・にも上京した女性から見た幻想的な東京が映し出されてた。。
東京生まれ東京育ちのわたしは東京暮らしは優越感も特になく不思議な街で混沌としてるなぁって物珍しく思う時もあり...面白さもある。ホテルのアフタヌーンティーを楽しんだら、嬉々として写真を撮っているだろうなぁと確信してる。。優雅さなし?笑

自分の人生は自分で切り拓く。。清々しい女性たちのお話でした。。様々な立場の女性の心情に共感度が高まり、女性は面白いと思う。。

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』ジェーン・スー

 

女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。 (文春文庫)

女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。 (文春文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

断捨離?ミニマリスト?しらんがな!赤い口紅・七分丈レギンス・自撮り・オーガニック・京都・ヨガ…女泣かせの「甲冑」が今日も私を締め付ける!

 

【感想】

40代の女性として生きるには心身ともにさまざまな甲冑を装着せねばならないらしい。経験値が高いのだろう。。洞察力がすごいなぁ。。そして、わたしが女性としての生き方から脱線したんだと痛感した笑。あっ!ヨガはぜひ続けてほしかったなぁ。。オーガニック、ヒーリング、京都は苦手のままでもいいけど。。

ジェーンさんの日曜日の過ごし方。。ダラダラダラダラ。。理想的だよ。

『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』ジェーン・スー

 

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

これまで誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子問題、カワイイ問題、ブスとババア問題、おばさん問題……etc.)から、恋愛、結婚、家族、老後までーー今話題沸騰中の著者が笑いと毒を交えて、自らの経験や失敗を開陳する宝石箱のようなエッセイ。

【感想】

女子に生まれ、女子という重荷を背負い、でも女子として生きてしまう。女子すぎるよ!とツッコミたくなるジェーン・スーさん。。最初のページで声を出して笑ったけど、、読み進めると自己分析が長けていて、感心する。。三十路の生き方と四十路の働き方、恋愛観(実験合コンは爆笑)、SNSなど、、あらゆるモヤモヤ事の考察や独特な言葉の表現力から頭の良い女性ね。。だからこそ、単純に生きられないのかもしれないが、、全てを読むのはすごく疲れそう。。こんなに「女子」について、考えた事がないわ。。女子特有のコンプレックスとの和解や絶妙な女感情をストレートに書いていて、気持ちが良さそうではある笑。。人生を謳歌してきた人なんだろう。。

こんなわたしも一応女子?でいいのか?女子からかなり離脱してるよ笑。

『罪の轍』奥田英朗

 

罪の轍

罪の轍

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】
昭和三十八年。北海道礼文島で暮らす漁師手伝いの青年・宇野寛治は、窃盗事件の捜査から逃れるために身一つで翌年のオリンピック開催に沸く東京に向かう。。一方、警視庁捜査一課強行班係に所属する刑事・落合昌夫は、南千住で起きた強盗殺人事件の捜査中、子供たちから「莫迦」と呼ばれていた北国訛りの青年の噂を聞きつける。進まぬ捜査の中、男児の誘拐事件が発生。世の中を震撼させる事件はどう繋がっているのか?

【感想】
実在した誘拐事件を元に描かれた犯罪小説。ネットもなく、交通手段、回線機器、防犯カメラなど文明の発達が現在とは明らかに遅れている時代でひとりの人間を追跡する困難さ。地道な捜査。刑事の執念には圧倒させられる。

ややネタバレあります

 

北海道、東京、熱海と駆け回る刑事たちの交通手段もままならず、地元警察との連携を駆使しながら(しがらみが多くて大変)、容疑者確保。ここからの緊張感は何とも言えない。。事情聴取で躍起になる警察側も容疑者の曖昧な供述で子供の安否不明なまま無駄に時間が過ぎ、刑事の焦りや緊迫する空気が充満し、息苦しく胸締め付けられる思いになりました(暴力的な取調べ。この時代だから?もしや今も?)

容疑者の生い立ちや人物像がとても緻密に描かれて、幼い頃の虐待で脳機能障害となり、記憶障害を伴い、不都合なことになると乖離してしまう傾向に。(これが取調べを難航させる原因)。。犯罪への抵抗感や感情がほぼないが、自分に優しくしてくれる人への情が厚い。。同情する余地があっても場当たり的な犯行や短絡的思考には憤りを感じるし、幼い子供への犯罪は許されず哀しみしか残らない。

「何としても吉夫ちゃんを両親の許に戻さなくてはならない」という刑事たちの一心を胸にわたしも事件の行方を追いかけ息つく暇もなくページをめくる手が止まりませんでした。。完成度の高さに圧巻してます。。昭和の時代背景、空気感が漂う重厚な長編を堪能しました。

『罪の余白』 芦沢 央

 

罪の余白 (角川文庫)

罪の余白 (角川文庫)

 

おすすめ ★★☆☆☆

【内容紹介】

高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。。

 

読みやすい。。あっさりしてる。。強烈キャラの小沢早苗さん。。パッとしない登場人物たちの中で、ものすごく浮いてて気になる。。人の感情が読み取れず、他人の嘘が見抜けず、冗談も通じない。助教授となり出世コースを歩む研究熱心なクールビューティ。。彼女の話を読んでみたいなぁ。。

小中学生だったらありえそうな展開だったけど、高校生にしては幼さが目立つことと、父親の行動が無理解すぎて、うまく楽しめなかった。。小沢さんの存在が強すぎて、内容の印象が残らないような...笑。

『教誨師』堀川恵子

 

教誨師 (講談社文庫)

教誨師 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★★

【感想】

教誨師。死刑囚と唯一自由に面会することを許される民間人。死刑囚と対話を重ね、死刑執行の現場にも立ち会う。任務の過酷さ。心がもたなくなる者が多い。その務めを50年も続けてきた僧侶・渡邉普相。初めて語られた死刑の現場とは。死刑制度が持つ苦しみと矛盾を一身に背負い生きた人生。ノンフィクション。


14歳の時に広島の原爆を体験した渡邉普相。ほんの僅かな運で生き残った普相は、苦しむ人々を見捨ててしまった事への罪悪を背負う。。命に向き合う人生の出発点。。僧侶となり、教誨師の先駆者・篠田龍雄と出会い、過酷な教誨師の道へすすむ。

篠田龍雄の教えが、渡邉普相に多大な影響を与えるも、死刑囚の心の開かせ方や対話の難しさに苦悩する。。死刑囚の苦しみ、「死」への恐怖。「生」の限りがあるからこそ底知れぬ恐怖に震える。何度も考え、残された時間を語り合うことに意味があると信じる渡邉の本当の苦しみがやってくる。。死刑執行の日。

死刑の恐怖は死刑囚だけではなく、刑務官、検事官、、教誨師にもある。小さなミスも許されない。。事務的に行う死刑執行だが死刑囚それぞれの最期にドラマがある。。泣き叫ぶ人、静かに受け止める人、恨み続ける人、生に執着する人。。初の女死刑囚が最期の間際に「すみません、もう二、三日、待ってもらえないもんでしょうか?」と言って周りを驚かせた場面。。「生」を願う人間の本能。生々しい人間らしさが伺える。。死刑囚の言葉を聞き、生い立ちから生き様、人間性を知り、真摯に向き合った人の最期を見届ける。。深く知れば知るほど最期の瞬間は心苦しいだろう。。執行時に側で泣きながら読経をする渡邉普相の姿に...深い悲しみが押し寄せてくる。。

後に、数えきれない程の死刑囚と接してきた渡邉普相の心の負担がお酒に走り、体を蝕んでいく。。(ここはちょっと気持ちがわかる。逃避したくなる)。。僧侶である渡邉普相も人間であり、必死に「生」に執着した人だからこそ、死に向かう人間の心情に思いやり、死刑囚から苦しめられながらも根気よく向き合い、深い悲しみをひとりで受け止め、心の弱さを自らの身体で学び、教誨師の本来の務めに気づく。自分が死んでから「告白」を世に出してほしい。。日の当たらぬ場所に少しでも光をあてたい一心なんだろうなぁ。。とても厳粛に真摯に教誨師の仕事を全うした僧侶のお話でした。。

 

死刑執行の実務に関わるすべての人々の苦しみを思うと死刑制度の問題について、とても責任を感じ、とても考えさせられる。。犯罪は被害者家族も加害者家族も幸せになることはない。。罰とは何か?。。答えは出ない。。それでも学ぶものが多かった。。人間が「生きていくこと」「生かされていること」...「死ぬこと」をたくさん学んだ。。ほんの一滴にも満たないだろうが現場の人たちの苦しみを感じ心痛めた。。何度も衝撃の波は押し寄せてきて苦しかった。。でもこの本はぜひ読んでほしい。

『猫と針』 恩田 陸

 

猫と針 (新潮文庫)

猫と針 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【感想】

恩田さんの初めての戯曲。
少人数の密室劇。喪服を着た男女が、その場にいない人の話をするというお話。面白そう。
映画研究会の同窓生5人の軽い会話。。暗転。。ねこ?。。芝居っぽいシーン。。暗転。。雑談は続く。学園祭で起きた不可解な事件を振り返る。ぎこちない空気が流れ沈黙が続く。恩田ワールド的疑心暗鬼が始まる。。暗転。。ドキュメンタリー風ファンタジーが幕を降りる。。

 

長めのあとがきには恩田さんの「猫と針創作日記」が綴られてました。日記を読みながら、再読。。2回目の方が面白い(そういえば針は?)。。小説とは違う苦労と公演初日の緊張感が伝わる日記。。恩田さんの創作スケジュールの多忙さに圧倒。。戯曲を書きながら、取材で海外に行き、鼻血を出しながら、同時に短篇も書き上げ、、2時間仮眠を繰り返す日々。。命を削り生み出す作品の数々を思うと鳥肌が立つ。。あとがきにいちばん感動しちゃったけど、、独特な魅力を放つ恩田ワールド...大好き💕