みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『パフューム ある人殺しの物語』 パトリック・ジュースキント

 

ある人殺しの物語 香水 (文春文庫)

ある人殺しの物語 香水 (文春文庫)

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに…欲望のほむらが燃えあがる。稀代の“匂いの魔術師”をめぐる大奇譚。

 

【感想】

なんて奇妙なお話なんだろう。。匂いが充満していて、ものすごくパワーを使った気がする。。それほどインパクトの強いお話でした。

十八世紀のフランス。天才肌のおぞましい男ジャン・バディスト・グルヌイユ。彼の物語です。。生まれつき体から全く匂いがしない。。乳母から悪魔の子と言われ、孤児院に送られる。慈しみ、やさしさ、愛情より生を選び取ったグルヌイユは不気味な存在を放つ。鋭い嗅覚の持ち主で全ての物が発する匂いを感じ取り、匂いにより記憶を刻みつける。のちに香水調合師となり、さらなる香りの追求に励んでいく。。
人間の臭気から逃れ、孤独な世界を探し求める旅をする。。山の洞穴で引きこもり生活を始め、匂いの記憶で妄想暮らし。。自家製の匂い王国で7年も過ごす。。世に出た姿は髪が膝頭まで伸び、細い髭がヘソまで垂れる。指先は鳥の爪のよう...((((;゚Д゚)))))))
人間の世界に戻り、香水作り再開。。なんと体臭を作り上げる。。体臭レシピに驚き。。体臭用の香水を全身にふりかける。。体臭をなびかせて街を歩く。。体臭を得た喜び。。「匂いを支配するものは、人の心を支配する。」と、自信に満ちた人生を歩んでいく。。その後、TPOに合わせた体臭用の香水を作り上げていく。。日常用の無個性型や同情憐憫用。。さらなる狂気の世界へ歩むグルヌイユはついに美しき究極の香りに出会い、魅了され、その香水を作るために...。

 

狂気と匂いが満ちた世界に驚きの連発でした。人間を含むあらやる物の描写を匂いで表現する力には脱帽しました。顔を背けたくなるような町の濃厚で強烈な悪臭から甘美な芳香まで本から匂いが立ち込めてくるようです。。その中で唯一匂いを持たない男が放つ異彩な不気味さ。。すごかった。。体臭への果てしない憧れと探究心。。最初から最後まで衝撃的でした。。たまに音楽、絵画、文化を体感する読書はあったけど、、こんなに香り立つ読書は初めて。。危険な香りと衝撃度で星五つです。。

『東京』 林 真理子

 

([は]1-2)東京 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

([は]1-2)東京 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

豪壮な邸宅が並ぶ高級住宅街の一軒家に下宿をすることになった健と真由美。家の一階に住む政代は、一見きさくな性格の裏に、東京に住む上流階級の人間特有の驕慢さが次第に明らかになっていく…。煌びやかな「東京」に息づくリアルな人間模様を切り取った傑作短編集。

地方出身の女性が東京に憧れ、上京する短編集。

【感想】

地方出身者の東京の憧れとコンプレックスの間に渦巻く心理が東京出身者への偏見に変わり、苦しそう。。時代背景がバブル期だからだと思うけど、高級志向で、高級住宅街や一等地へ住むこだわりが強く、東京の男性と結婚すれば真の東京人になれるという都市伝説?みたいな話にやや苦笑する。。東京に暮らす女性も優越感が滲み出てて、意地悪に描かれてる。。だからこそ、面白いのだろうけど、、共感するかというと、あまり共感できず、勝負のつかない不思議な女の闘いは怖いなぁと感じました。。東京出身ですが、都心に出ればおしゃれな街並みに気持ちは上がるし、高級店に入る時は緊張しないわけでもないし...。東京の事、、そんなによくわかってないです。。😅

『作家と一日』 吉田 修一

 

作家と一日 (集英社文庫)

作家と一日 (集英社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

やっぱり旅っていいもんだ。大切な“一日”がまた増える。
ポルトガルでパトカーに乗せられたりなぜか別府でタイ古式マッサージにハマったり……

ポルトガルのビーチでパトカーに乗せられ、新宿ゴールデン街でなぜかフィンランドのヘヴィメタバンドと意気投合し、仕事場では愛する猫に癒される──。それら全てが作家・吉田修一の一日。そして、『悪人』『怒り』などベストセラーを生み出し続ける彼の素顔なのだ。ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載をまとめたエッセイ集第三弾。本書を手に取ったあなたは、きっと旅に出たくなる。


【感想】

取材のために行く旅行ではなく、、旅行に行くうちに小説の構想が出来上がる吉田さんの旅行記はご本人曰く、、「別に何も...」の旅。。特に予定を決めるわけでもなく、ぶらっと歩いて、街並みや風情を楽しんだり、一日中ホテルの部屋で、その国のテレビを観続けたり、、ご自分の意外な嗜好に気づいたり、、その瞬間に出会う人、風景を体全体で実感し、吸収して、吉田修一が彩られていき、感性豊かな「一日」を歩まれているのです。。こちらまでワクワクしてしまう。。各地の吉田修一おすすめツアーのおかげで、行きたい場所がたくさん増えました。。近場の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(真っ暗闇の世界を体感するツアー)から体験してみたい。。

旅行記だけではなく、日常や失敗談も面白い。。役者さんの声を日本酒に合うとか。。ご自分の声は日本酒には似合わないとか。。「代々木」を頭では「よよぎ」なのに、「だだぎ」の発音しそうになって焦ってたり。「代々木ゼミナール」を「だだぎゼミナール」と覚えてしまったからだそうです(わたしも勘違いしてる地名や読み方、たくさんありそう💦)

雪国で「音」のない世界を知ることなど、、吉田さんの感性の表現が素敵(たまにかっこつけすぎ?って時もあるけど)で、小説家の書くエッセイは惹きつけられるものがあります。

 

わたしの好きな『パレード』という小説に出てくる伊原直輝の人物像についても、何とも興味深い解説が。。「不器用な若者ではなく、器用な大人の恐ろしさ」。。八方塞がりな直輝。。読後の不気味さを思い出します。これは得した気分♪

 

「一日」というものが奇跡的で貴重であること。。吉田さんがとっても人間好きで幸せの拾い方が魅力的な人だなぁと、さらにファンになりました。。空の旅でこんな素敵なエッセイが読めるのですね。。📖🎶

『劇団42歳♂』 田中 兆子

 

劇団42歳♂

劇団42歳♂

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

大学で劇団を組んでいた5人の仲間。今は違う道を歩む彼らだが、
卒業後20年の節目に「劇団42歳♂」を再結成した。
一日限りの公演に向けて「オセロー」に挑むが、各自の抱える事情もあり、
稽古はなかなか捗らない。果たして無事に幕は上がるのか?
そして彼らが直面する問題の行く末は?
迷える不惑の男たちにエールを贈る連作短編集。

【感想】

男の友情はややこしいのね。。42歳になっても昔と変わらない男たちの上下関係?わがままで横暴な松井とバカにされ続ける岩清水。。こんな関係が20年も続く友情ってあるの?とか。。心の内をあまり明かさないイケメン小柳を心配しながら見守る優しさとか。。本音を言葉では伝えられない男たちのプライド、見栄、妬みなどが絡まりもつれ、鬱屈さがあるのに重苦しさがないとか。。男の友情ってとても繊細だけど絆が強い。。こじれていく男たちだけど演劇に対しての情熱はパワーを感じます。。真剣に打ち込み、シェイクスピアの解釈を何度も話し合い、役づくりに一生懸命取り組む姿がまっすぐで良いなぁ。「オセロ」の登場人物の心理を掘り下げていく部分はとても面白かったです。
語り手の演出担当の佐藤が個性は「普通の男性」なんだろうけど、、なんかやだなって感じでした笑。

【追記】

著者の作品インタビューを読みました。言葉を尽くし過ぎる女の友情と違い、言葉を尽くさない男の友情。。42歳って大人だと感じた昔。。大人でも幼いし、でも悩んだり学んだり、かといって、また昔に戻ったら。。42歳だからこそのどうしようもなさも彼らの魅力。。

 

わたしが佐藤の人への鈍感さに不快な気持ちを抱いていた事がこう書かれていました。

「今、再びの青春を謳歌する間にも現実は進行し、実は器用に立ち回る佐藤こそ、女心が最もわからないゲス男だった。」

 

なるほど、、と思いました。
人の心の奥底を読み取れない佐藤の演出家として、人としての未熟さ。42歳で「オセロ」という作品を通して、人間の言葉では言い尽くせない心の内を感じ、他者の気持ちに寄り添い、愛の深さを知る。。佐藤の成長物語。。そう思うと、変われた佐藤を「やだな」とは思えなくなってきました。。
もう少し、深く読み取れるようになりたいなぁ。。

『64』 横山 秀夫

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

【感想】

内容が盛りだくさん。。登場人物が多い。。把握することが精一杯だった上巻を読み終わってから、下巻に行く前に再読しました。理解できたかなぁ。。おさらい。


かつて刑事部に所属していた三上義信は広報部広報官として警務部に配属される。記者との関係を無難に過ごし、刑事部への復帰を約束されていたが、一人娘・あゆみの家出を機に、事態は急変。警務部長へ娘の捜索願いをし、絶対服従の関係に。。ここから悩み多き日々が始まる。。匿名問題で広報部と記者との関係悪化、対立。やがて広報部の部下との関係も不穏。娘の家出で妻・美那子(元ミス県警。美人。三上さんは強面。美女と野獣カップル)の心身衰弱...と、夫婦としての不安(美人妻を持つ夫の自信喪失?ちょっと可愛い悩み)。。などなどあらゆる問題が降りかかる。。記者クラブとの修復に勤しんでいる時に舞い込んできた長官視察。。視察内容は時効目前の未解決事件「64(ロクヨン)」の遺族慰問や現場視察。。これが厄介な抗争に発展していくの。

ロクヨン」とは昭和64年に発生した「翔子ちゃん誘拐殺人事件」当時7歳の少女が誘拐され殺害された事件。当時は刑事として捜査に関わった三上は広報官として「ロクヨン」の調査に。。関係者から「幸田メモ」という存在を知り、刑事部と警務部の間に大きな壁があることが判明。。長官視察を阻止したい刑事部と視察を遂行したい警務部の溝にハマる三上広報官。。「ロクヨン」にはどんな秘密が隠されているのか?

 

ふぅ。。大変。。なんて息の詰まる物語なんだろう。。警察内部抗争の密度が濃い。。でも引き込まれ、のめり込んでいく。。下巻は止まらなかった。。

(ネタバレします)

刑事部で現警務部の三上広報官の心理描写に胸苦しくもなり、熱くもなる。。組織に翻弄され、限界に苦しみ、暴走を生み出し、裏目裏目になりながら、正義と不正義に真っ向に立ち向かってる姿に涙する。。記者クラブとの亀裂が生じた匿名問題。。実名の重みを感じます。。匿名では不透明だった人間。。想像や推測に過ぎなかった存在が実名により、実体を持ち、リアルな存在となる。。実名をどう扱うかで人生が左右されていくこと。。警察と記者の攻防も神経が擦り切られる思いが伝わります。。広報部の紅一点。雑用ばかりさせられる女性警察官・美雲ちゃんの仕事に対する正義感と熱意。。頑な三上広報官の意識を変える大きな存在。。広報部としての役目をわかりやすく説明してくれた。。わたしのお気に入りです。

さてさて大筋である「ロクヨン」の真相には息を呑んだ。。三上とその周辺で起こる無言電話。。娘を殺された父の「執念」。。それに尽きる。。マ行多目だよ。。うまくいき過ぎ感はあるけど、、あくまでも『64』は警察内部抗争とマスコミと警察の攻防に焦点を置いてあるので...「ロクヨン」解決やら模倣犯やら家出娘やらは、、曖昧でも全く気にならなかったなぁ。。

超大作。。久しぶりの警察小説。。複雑な人間関係に不安が多かったけど、、面白く読めてよかった。。😌👌

『横道世之介』 吉田 修一

 

横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔。


【感想】

時代は令和ですが、、昭和満載のお話を読んで、声を出して笑いました。。

横道世之介。。お気楽で、人の頼みは断れないお人好し。そんな世之介の大学生活1年間の日常が描かれてます。友の結婚、一目惚れした年上の女性、お嬢様との恋愛、帰省する度に東京に染まっていく世之介。。
初めはバブル期の健全なる男子学生の青春謳歌話を延々と読み、、なんて平和な時代なんだろ?と、笑ったり、呆れたり。。クルージングデート、バイトのチップ1万円とか。。バブルってすごい。。勢いがあって、迷いがない。。世之介だから?時代だから?

お嬢様・祥子との出会いから世之介の味わいが深く浸透してくる。。祥子の人生が激動でとても興味深い女性。。個性強めの彼女との恋愛がゆっくり進むところがとても良かった。。別れるのが早いけど。。笑。

「あいつ...どうしたっけ?」と常に気になるわけではないけど、ふと思い出したくなる存在。。誰かの思い出の中に自然体で入り込める世之介の魅力。。最後のページを読んで、表紙を見るとじんわりと胸に込み上げてくる。。

大人の世之介がどんな人生かなぁ。。祥子ちゃんとは続いてほしかったなぁ。。人生において、学生の頃の出会いや出来事は刹那的だけど、、思い出すと色鮮やかに蘇る。。そんな青春時代が描かれた明るい吉田作品もいいなぁ。。

『儚い羊たちの祝宴』 米澤 穂信

 

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

【感想】

「身内に不幸がありまして」
丹山家のお嬢様のお世話役・村里夕日の手記から物語が綴られる。ある日丹山家で、惨劇が。翌年も翌々年も同日に丹山家の親族が次々と殺害される。お嬢様をお守りしたい夕日は...。(殺害理由...呆然ゾワリ)

 

「北の館の罪人」
母が亡くなる前に「六綱家に行きなさい」と言われ、六綱家の屋敷に訪れた内名あまり。北の館にいる人物の世話をするようにと命じられる。その人物は...。(歪みの上塗り...血縁ゾワリ)

 

「山荘秘聞」
家政婦としての腕を見込まれた屋島さんは、辰野嘉門の別荘管理を任される。。雄大な屋敷を完璧に管理するが、、一年経っても誰も泊まりに来ない。。そこに...。(完璧の失態...来客者ゾワリ)

 

「玉野五十鈴の誉れ」
小栗家の王として振る舞う祖母に厳しく育てられる純香。15の誕生日に贈られた使用人・玉野五十鈴。同年代の友達との交際を禁じられた純香にとって、同い年の五十鈴はかけがえのない存在となる。命令に従順な玉野五十鈴の誉れは...。(使用人の鑑?...後味ゾワリ)

 

「儚い羊たちの晩餐」
ある一冊の日記の最初の頁に書かれていたのは「バベルの会はこうして消滅した」
バベルの会を除名された毬絵。成金の父が雇う新しい料理人・夏。珍しい食材を調理する凄腕の料理人。毬絵が命じた入手困難な食材のお料理は...。(お嬢様のお戯れ...最恐ゾワリ)

 

五つの物語に登場する「バベルの会」教養と品格のある優雅な会員制読書会。。覗いてみたいなぁ。。その存在が明らかになるのはラストのお話。。覗きたい気持ちが一気に打ち消される。。いずれもお屋敷に住む上流階級の人たちと従順な使用人たちの狂気、歪みがひたひたと胸に迫ってきて、ラストに冷たい恐怖が広がります。。お話は真っ黒で後味はあまり良くありません。。作中に出てくる本を読んだ人はもっと楽しめそうです。。いや、楽しんでいいのかな?
初めての米澤さん。。他の作品も気になります。