みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『日日是好日』 森下 典子

 

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★★

 

【内容紹介】

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

 

【感想】
お茶の時間の、のんびりとした隙間時間を埋めてくれた本。
季節の移ろいを五感で味わうこと。頑張らなくちゃダメという自分の無価値の不安への和らぎ。一期一会とは。。
一日を丁寧に生きることの大切さと瞬間の気づきと学び。。茶道を通して生き方を教えてくれた先生との出会い。

 

映画の公開前に読みたくて、手にした本。登場人物も俳優さんの顔を思い描きながら、読んでました。
脳内では先生のお言葉が樹木希林さんから放たれるので、とても心弾む読書でした。ひとつひとつが心に沁み渡り、温まる中、希林さんの訃報を知り、、とても寂しい気持ちが広がりました。先生が更に希林さんに重なり、、心がじんわり、時折ズキズキと遅読になっていく。

 

ようやく読み終わり、
悪い日なんてないんだぁ。。「日日是好日
毎日、素敵な瞬間に気づいていきたい。そう思えるエッセイ本でした。

『獣の奏者Ⅳ 完結編』上橋 菜穂子

 

獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)

獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★★

 

【内容紹介】

闘蛇と王獣。秘められた多くの謎をみずからの手で解き明かす決心をしたエリンは、拒み続けてきた真王の命に従って王獣を増やし、一大部隊を築き上げる。過去の封印をひとつひとつ壊し、やがて闘蛇が地を覆い王獣が天に舞う時、伝説の大災厄は再びもたらされるのか。傑作大河物語巨編、大いなる結末へ。

 

【感想】

エリンの子・ジェシも母親譲りの好奇心と探求心で母と同じ道を辿る。子育てに奮闘しながら、真王の命で王獣の部隊育成の挑戦をし続けるエリン。戦で親を失う恐怖、不安、怒りにかられるジェシ。。緊張感で張り詰めた空気から一気に解き放たれたラスト。。涙が止まらず。。全ての真実を目に焼き付けたエリンの思い。自然と人間の共存、戦の教訓、親子の絆がとても現実的に描かれ、強い共鳴を受けました。人間も王獣も群れて生きるからこそ、次の世代のために命をかけて守る者たちの希望と恐怖を生き抜く壮大な命を繋ぐ物語でした。

あとがきでこの作品にかける作者や関係者の方々の熱い思いにまた涙が溢れる。。素晴らしい。
読書をする時間と気力が持てなかったけど、良い刺激になりました。読書欲アップ😊📖⤴️🎶

『獣の奏者Ⅲ 探求編』上橋 菜穂子

 

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)

獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

愛する者と結ばれ、母となったエリン。ある村で起きた闘蛇の大量死の原因究明を命じられ、行き当たったのは、かつて母を死に追いやった禁忌の真相だった。夫と息子との未来のため、多くの命を救うため、エリンは歴史に秘められた真実を求めて、過去の大災厄を生き延びた人々が今も住むという遙かな谷を目指すが…。

 

【感想】

獣の奏者』闘蛇編、王獣編の続編です。
11年後。。母となったエリン。。闘蛇の突然死の謎を解明しながら旅をするエリンは再び様々な謎に行き当たる。亡き母の禁忌、王獣と闘蛇の戦の果ての災厄の真相、王国の新たな試練、家族の決断と未来について葛藤していく。。多くの謎を残す探求編からついに完結編へ。*1ワクワク

*1:o(´∀`)o

『風花病棟』 帚木 蓬生

 

風花病棟 (新潮文庫)

風花病棟 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★★ 

 

【感想】

名医でもなく悪医でもなく「普通の良医」10人の医師。。高度な医療現場ではなく、身近にいる全く違う立場の医師が悩みながら真摯に患者に対して寄り添う温かい短編集。
どのお話にもほんのり登場するお花。花のようにそっと人生を彩り、豊かにしてくれる。。そんなお話ばかりです。

どのお話も感慨深いのですが、特に良かったのが、、
百日紅」父の死を機に帰省する息子。父と患者の思い出から見える医師としての父。。
「雨に濡れて」乳がんを患い、闘病しながら仕事をする女医。。
「終診」長年勤めた医師の引退までの数ヶ月。最後の日まで患者とかけがえのない時間を過ごす。。

作者自身が医師であり、大病を患う身となる。「患者と医師の垣根、生と死の境界線がどこまでも薄くなっていく時間」を経験したことが、人生の厚みを増していき、作品に表れているのだろうと、、あとがきからも感じられる一冊でした。

『不連続の世界』 恩田 陸

 

不連続の世界 (幻冬舎文庫)

不連続の世界 (幻冬舎文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【感想】

『月の裏側』に出てくる塚崎多聞のトラベルミステリー。9年ぶりの再読。。内容はほぼ覚えてない。。ということで、新鮮で楽しめました。笑


「木守り男」(神田川

奇妙な夢を見続ける男の口から漏れた「コモリオトコ」この男が現れると日本に災いが起きる。「コモリオトコ」の正体は?

(コモリオトコ、、現れないでほしい💦奇妙な夢は恩田さんの実際に見た夢だそうです)


「悪魔を憐れむ歌」(奈良県花の寺コース)

不思議な魔力のボーカリストセイレン。彼女の「山の音」という歌を聴くと死ぬという噂を耳にする。その噂の真相は?

(山の音。。山鳴り。。山の静まり。。山との共鳴。。山に認められた男。。想像しただけで、恐怖。この話が一番怖かった😱)


「幻影キネマ」(広島県尾道市

故郷で映画の撮影現場を見ると周辺の誰かが死ぬと怯える男。過去の連続不審死との結びつきは?

(帰省した保の不安と恐怖の裏には昔観た映画の赤い犬の存在が。。赤い犬の正体は...。うぅぅ怖い)


砂丘ピクニック」(鳥取砂丘

フランスの科学者の最後の本に砂丘が目の前で消えたという不可解な出来事が記されていた。

(謎の上乗せ。。大きな謎に気を取られ、見過ごしてしまう小さな謎。。鳥取砂丘の美術館に行きたい。)


「夜明けのガスパール」(夜行列車内)

友人3人とお酒を飲みながら、朝まで怪談話するうちに...。

(多聞くんのトーヒコー。不連続な世界への旅。5話の中で異色なお話。今まで淡々と謎解きをしていた多聞くんの秘密が。。)


不思議で奇妙な話を耳にしてしまう多聞くん。。流れに身を任せ、巻き込まれていくうちに、長閑で静かな風景が恐怖で暗転していく。。ホラーな要素もあって、不気味なお話なのに飄々とした多聞くんに語られるとおとぎ話のよう。。

印象をあまり残さない通りすぎるだけの人間。。そばにいても空気のような多聞くんだからこそ、、その土地の穏やかな情景が目に浮かび、心地よく一緒に旅をした気分になっていきます。。(ほんのりホラーですけど)

 

また数年したら、、なんとなく忘れそうなお話なので、、その時も楽しみます。。😌📖🎶

 

 

 

『我が心の底の光』 貫井 徳郎

 

我が心の底の光 (双葉文庫)

我が心の底の光 (双葉文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

母は死に、父は人を殺した―。五歳で伯父夫婦に引き取られた峰岸晄は、中華料理店を手伝いながら豊かさとは無縁の少年時代を過ごしていた。心に鍵をかけ、他者との接触を拒み続ける晄を待ち受けていたのは、学校での陰湿ないじめ。だが唯一、同級生の木下怜菜だけは救いの手を差し伸べようとする。数年後、社会に出た晄は、まったき孤独の中で遂にある計画を実行へと移していく。生きることに強い執着を抱きながらも、普通の人生を捨てた晄。その真っ暗な心の底に差す一筋の光とは!?衝撃のラストが心を抉る傑作長編。

 

【感想】

母から受けたネグレクト、父は人殺し。。5歳の晄が生死を境に見た光。。その光だけに捧げた人生。。人への淡白な感情と底にある根深い感情。。闇の深さが伺える。。幼少の壮絶な体験といじめ、将来への悲観、社会に出てからの孤独な闘いがとても辛い。。救われてほしい気持ちと救われない気持ちが入り混じる中の、、終盤。。強引な展開に残念な気持ちが広がっていく。。幼馴染との再会が強引すぎる。。ヤクザとの絡み、救出劇も無理があり、首をかしげる。。

ラストの晄の一筋の光が見えた時、とても切なさが込み上げてきた。。幼少に見た光の鮮明さにその後の光(幼馴染や友達)は霞んでしまっていたのかと思うと絶望感で、、読後、打ちのめされます。。

題材は重いけど、、一気読みをさせる力は、、素直にすごいと思います。。

 

 

 

『趣味は読書。』 斎藤 美奈子

 

趣味は読書。 (ちくま文庫)

趣味は読書。 (ちくま文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【感想】

売れる本がなぜ売れたのか?読者は誰か?売れた理由を斎藤さん独自の目線で読み解く読書代行業。。ベストセラーを含む売れた数々の本。。ストレートな言葉で豪快な辛口批評の数々。。作品についても読者についても。。冒頭から熱心な読書家を病人扱いするところで、生温い紹介本ではないと思ったけど、、想像を上回りました笑。。本音炸裂。。たまに言葉が乱れる。。ぶった斬り。。毒、多目です。

 

恥ずかしながら、、読んでいない本ばかり(49冊のうち、7冊既読)。。ネタバレ込みの書評なので、未読本は読んだ気になり、もういいかぁと思えるもの(紹介されたタレント本は一冊も読んだことがないけど叶恭子さんの話はすごく面白かった(*≧∀≦*)」📖もうお腹いっぱい)から、、読書意欲がそそられる作品もあります。。歴史が苦手なわたしですが、『国民の歴史』『市販本 新しい歴史教科書』は読んでみたい...いずれ。

読んだ本の中では、、

冷静と情熱のあいだ』。。江國香織さんは好きだけど、辻仁成さん、初読みで挫折した本。。章ごと、交互に読むという提案は面白そう。

鉄道員』はホラー本。。苦笑💦

永遠の仔』はあの壮絶なストーリーが色濃く思い出された。衝撃的な作品だろうが、『模倣犯』『海辺のカフカ』など人気小説家でも関係ないんですね。。悪...いや、辛口書評、ブレないなぁ。。

 

毒を振りまく解説と視点を少し変える読み方。。毒的視点。。一気に読むと疲れるので、ゆっくり時間をかけて、合間読みを楽しみました。