みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『勁草』 黒川 博行

 

勁草 (徳間文庫)

勁草 (徳間文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

橋岡は「名簿屋」の高城に雇われていた。名簿屋とはオレ詐欺の標的リストを作る裏稼業だ。橋岡は被害者から金を受け取る「受け子」の手配も任されていた。騙し取った金の大半は高城に入る仕組みで、銀行口座には金がうなっているのだ。賭場で借金をつくった橋岡と矢代は高城に金の融通を迫るが…。一方で府警特殊詐欺班の刑事たちも捜査に動き出していた。最新犯罪の手口を描き尽くす問題作!

 

【感想】

オレオレ詐欺。。「ひとの不安と情と虚を衝く」犯罪。。ゲーム感覚で高齢者からお金を騙し取る罪悪感の低さ。生活保護者など社会的弱者を雇い、ビジネスとして徹底された組織化。下層の人たちが、バイト感覚で詐欺の加担に気づかないことなどなど、、加害者側の視点から組織犯罪の実態が描かれ、驚かされる。。犯罪者たちは、自分勝手でどうしようもない人ばかりだし。。

 

業界用語↓
名簿屋=標的候補から個人情報を調べ上げ騙しのリストデータベースを作る。
掛け子=名簿を元に電話で騙す役。
受け子=被害者から金を受け取る。
道具屋=詐欺に使う飛ばし携帯、架空口座の調達。
番頭=掛け子と受け子のリーダー。現場統括者。
ケツ持ち=トラブル解決をする暴力団構成員。
金主=組織のトップ。オーナー。

 

中盤までの詐欺組織側の手口は読んでいて虫唾が走るが、、巧妙に個人情報(家族構成、所有資産、取引先金融機関、息子の勤務先、連絡先等)を引き出されていく高齢の方々の警戒の低さも、、とても怖い。。自分も気をつけなければと心から思う。。

中盤から後半への犯人と刑事の攻防戦。地道に地道に捜査をし、追いつきそうで追いつかない。。息がつまりそうな逃亡劇と追跡が繰り広げられたけど、読み応えが徐々に薄まってしまい、、最後は腑に落ちない終わり方。。それでも、いつかは被害者になるかもしれない身近な犯罪の罠など、勉強になりました。

 

「オレ、オレ、オレだよーー」はもう古いのね。。既に息子の個人情報は抜き取られてしまってるので、「〇〇だけど...」と電話がかかってくるのが今流?息子でも警戒心溢れるわ。
非通知はもちろん、知らない電話番号からの息子の電話は信用しないで、本物の息子に確認しましょう。。📞😌(...冷静に)

『旅猫リポート』 有川 浩

 

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

さあ、行こう。これは僕らの最後の旅だ。一人と一匹が見る美しい景色、出会う懐かしい人々。心にしみるロードノベル。

 

【感想】

読もう読もうと思いながら、、なんとなく先延ばしをしていた本。動物本の泣かせ系は躊躇いがち。。😌📖💭
映画化を機に読みました。
全身じんわり温かい何かが広がっていく心地よい読後感に包まれています。。ふぅ。。(*´ω`*)

 

瀕死状態だった野良猫のナナを救ったサトル。。サトルとナナの5年間の暮らしが、とある事情でナナを手放すことに。。引き取り手を探しにサトルとナナの旅が始まる。。ナナの生意気な語り口調が愛らしい。。サトルの人柄、様々な景色、出会った人や動物たち。。ナナの見る景色の素晴らしいこと。。ナナが見た海の印象。。わたしも全く同じで笑った。。わかるよ。。怖いよね。。
旧友たちとの再会でサトルの過去が少しずつ明かされていき、、最後の旅へ。。サトルの叔母・ノリコの心のほぐれ方。。決壊寸前。゚( ゚இωஇ゚)゚。。もう感情入り込み過ぎて、、参ったわ。。相手の気持ちを汲み取るサトルとナナ。。自分が同じ立場になったら、こんなに優しくできるかなぁ。。なりたい。。相当強くならないとだけど。。


心優しいサトルと人への気遣いを忘れないナナ。。最強コンビの愛溢れる旅猫リポート。。まだまだ続きそう。。猫もいいね。。犬好きでもそう思う。。🐈💕

『愛なき世界』 三浦 しをん

 

愛なき世界 (単行本)

愛なき世界 (単行本)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

恋のライバルが人間だとは限らない!

洋食屋の青年・藤丸が慕うのは〝植物〟の研究に一途な大学院生・本村さん。殺し屋のごとき風貌の教授やイモを愛する老教授、サボテンを栽培しまくる「緑の手」をもつ同級生など、個性の強い大学の仲間たちがひしめき合い、植物と人間たちが豊かに交差する――

本村さんに恋をして、どんどん植物の世界に分け入る藤丸青年。小さな生きものたちの姿に、人間の心の不思議もあふれ出し……風変りな理系の人々とお料理男子が紡ぐ、美味しくて温かな青春小説。


【感想】

人との愛の語らいより、植物との語らいの方が大事。。デートを楽しむより、シロイヌナズナの細胞の数を数えている方がずっと楽しい。。植物という銀河の渦に生きるひと・本村紗英(国立T大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻の大学院生)
教授や研究仲間、近所の洋食屋「円服亭」の住み込み店員・藤丸陽太との人間的ふれあい、恋?(藤丸くんのライバル植物との闘い)もあり、、真面目で面白いリケジョ話。

さて読み進めるのに苦戦した本村さんの研究内容。。シロイヌナズナの四重変異体を作る。。遺伝子abcdに変異株abcdを交配させ...メンデルの「分離の法則」で...abと二重変異体となり...abcと三重変異体となり...abcdと...ゥトゥト(´-ω-)´_ _(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!! えっと...「バスタ耐性」の割り込みで遺伝子破壊...aacc...aabbcc...(´-ω-`)zzzとなるときもしばしば。。それでも本村さんの思考が面白くて、笑いが起きる。。気長な作業の積み重ねでの失敗への落ち込みは共感。。SEだった頃、こんなくりかえしだった。。期待と絶望。。地道な作業。。這い上がれない迷宮と思考破壊。。その苦しみが少し蘇る研究シーン。。眠りに誘われるけど、地道な研究が新たな道や世界的発見に繋がるのだから、、好奇心と探究心の無限さを感じる。。

愛も意識もない植物の世界に魅了され追求する研究者の植物愛の世界。。知らない世界をまた教えてもらえた。。装丁がとても素敵。。📘✨

『異セカイ系』 名倉 編

 

異セカイ系 (講談社タイガ)

異セカイ系 (講談社タイガ)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

「小説投稿サイトでトップ10にランクインしたおれは「死にたい」と思うことで、自分の書いた小説世界に入れることに気がついた。小説通り悪の黒騎士に愛する姫の母が殺され、大冒険の旅に♪ってボケェ!!作者が姫を不幸にし主人公が救う自己満足。書き直さな!現実でも異世界でも全員が幸せになる方法を探すんや!あれ、何これ。「作者への挑戦状」って…これ、ミステリなん?」

 

【感想】
小説家志望のニート。小説投稿サイトランキング10位に入り、心弾むが、現実の「ふつう」の人生に虚しさを感じる。。むなしい..むなしい..むなしいむなしい。。突如異世界へ(かなり唐突に)。。自分の事を「カミサマ」と呼ぶネコミミ少女登場。名前は「イヴァナ・ニャルキャット・ニマニム」。。覚えのある風景。。目の前に理想の女の子「イヴァにゃん」。。あれ?ここは自分の書いてる小説『臥竜転生』の世界。。セリフも街並みもシナリオも同じ。。シナリオの筋を変えると現れる闇。。筋通り、物語を進める主人公(作者)。。小説世界と現実世界を行き来する夢のような世界を楽しむが問題発生。。これから起こる小説世界の人の死。。憤る主人公(自分が書いてるのだけど)。。そこでシナリオを書き換える事に。。結果、読者の評価が下がる。。ランキングも下がる。。苦悩。。小説家は娯楽や感動のために登場人物を簡単に殺す。。「殺す」意識はないが殺す。。殺人行為?。。またも苦悩。。小説世界での命。。尊い命。。『臥竜転生』を存続させたい。。誰も殺したくない。。第2章へ。。新たな物語『異セカイ系』を書く。。キャラからの「作者への挑戦状」。。さらに苦悩。。果たして答えは導き出せるのか?キャラを救うことができるのか?。。第3章へ。。


しまった。。夜に読み出してしまった。。初めはとんでもない話を読まされてる気持ちになっていたのに、気づいたら、、止まらない。。寝ないと行けないのに、、真夜中の迷宮入りにハマってしまった。。創造主。。作者。。神。。きみがわたし。。わたしがぼく。。キャラと作者の融合。。小説の正義とは?悪とは?なんともすごいセカイ系。。さて、寝よう。。異セカイ系から離れないと。。

『芸術家たちの秘めた恋』 中野 京子

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

19世紀前半、ロマン主義全盛の時代を生きた作曲家メンデルスゾーンと作家アンデルセン。生まれも容貌もまるで正反対の二人を結びつけたのは、奇跡の声を持つ歌姫だった。三者三様の想いを胸に秘め、創作活動に没頭する彼らを持ち受ける過酷な運命とは…。『結婚行進曲』や『醜いあひるの子』など、不朽の名作を生み出した芸術家たちの知られざる一面に、『怖い絵』シリーズの著者が迫る。

 

【感想】

靴職人の家で生まれ、貧しい中でも愛情豊かに育てられるアンデルセン。音楽家を志すが挫折をし、童話作家として才能を発揮。

ユダヤ人一族メンデルスゾーン家の長男・フェリックス。裕福な家庭で育ち、音楽家人生は順風満帆だが、人種差別の苦闘に悩まされる。

家庭環境に恵まれず孤児同然に育ったジェニー・リンド。孤独だった少女は歌を学び、後に「奇跡の声を持つ歌姫」として世界を魅了していくオペラ歌手になる。

生まれも育ちも違う三人は、芸術を通して友情を深める。
アンデルセンは底抜けの楽天主義。思い込みが激しく不安症。ジェニーに一途な想いを寄せ、苦悩する(ジェニーへの迷惑行為が目に余る。。苦笑)
ジェニーのフェリックスへの叶わぬ恋。フェリックスも妻にはないジェニーの魅力に惹かれ、音楽家としての影響を受ける(ジェニーのアンデルセン対応。。とても大変そう)

世界的名声を得たアンデルセンとジェニーに大きな影響を与えたフェリックス・メンデルスゾーンの波乱な生涯。。豪華な音楽家たちとの交流と人種差別で受ける屈辱と挫折。。
芸術家たちの秘めた恋心は、静かで激しく、美しく、物哀しい。この時代の華やかで残酷な歴史的背景と恋愛がとてもドラマチックに描かれた物語でした。
(当時の医学ではヒルに血を吸わせる治療行為があることにも驚き。。凄い時代だわ)

『正しい女たち』 千早 茜

 

正しい女たち

正しい女たち

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

容姿、セックス、離婚、老い…。みんな本当は興味津々なのに、はっきりとは言葉にしないもの。女性の隠し事の正しい姿を描いた物語。

 

 

【感想】

「温室の友情」隠し事がない、分かり合える女の友情。。その友情を壊さないために壊すもの。。大きな隠し事。。苦味あり。

 

「海辺の先生」スナックを営む母と高校生の娘。母の仕事に嫌悪しながら、自分の環境に諦め気味。「先生」と呼ばれる男との出会いが母娘に変化をもたらす。。女子学生への正しさを教えてくれた「先生」。。一番爽やか。

 

「偽物のセックス」同じマンションの508号室の女性(人妻)が気になる男(既婚者)。。「正しいセックス」をはっきり物申す508号室の女性は清々しさを感じる。。夫婦として正しい。。妖しげな魅力を放つ女性の描き方が上手。

 

「幸福な離婚」四ヶ月半後に離婚する夫婦の話。。この話が一番良かったなぁ。喧嘩が絶えなくなった2人が決断した離婚。。期間限定の夫婦生活。。相手の言葉、仕草、気持ちを大切に思いやれる2人の関係性がとてもいい。。終わりがあるって切ないけど、空気感がとても温かい気がする。。

 

「桃のプライド」女優としての仕事が破綻してしまってる女性の必死さが物悲しく、痛々しい。

 

「描かれた若さ」一番強烈。。とても酷い男性なので、ラストは爽快でした。女性の若さばかりを求める男性って、、いますね。お互い老いるのだよ。。

 

「正しい」ってどんな事が正しいのかわからないけど、、信念を貫く事が自分の「正しさ」になるのかなぁ。歪んでる話もあるけど、その人にとったら「正しい」と信じてる事。それが幸せかと言ったら、そうでもなさそう。。そんなお話でした。

『サヴァイヴ』 近藤 史恵

 

 

サヴァイヴ (新潮文庫)

サヴァイヴ (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

団体戦略が勝敗を決する自転車ロードレースにおいて、協調性ゼロの天才ルーキー石尾。ベテラン赤城は彼の才能に嫉妬しながらも、一度は諦めたヨーロッパ進出の夢を彼に託した。その時、石尾が漕ぎ出した前代未聞の戦略とは―(「プロトンの中の孤独」)。エースの孤独、アシストの犠牲、ドーピングと故障への恐怖。『サクリファイス』シリーズに秘められた感涙必至の全六編。

 

【感想】

爽快感、達成感を味わいたく、読んだ『サヴァイヴ』
想像をしていたのと違う感情が湧き上がりました。。『サクリファイス』でチームエースだった石尾とアシストの赤城。。期待のエース石庭。。世界で戦う白石誓の苦悩。。嫉妬、羨望、限界、重圧、恐怖、信念、無念。。あらゆる感情が入り乱る選手たちの想い。。孤独なエース、支えるアシスト、生き残る為の苛酷なサイクルロードレースの世界。。リアリティ溢れていて、目が離せない。。精神的強靭と思われる選手でも繊細な部分が描かれ、、シリーズの中で一番心に打たれた作品でした。これからも楽しみです。