みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『麒麟の舌を持つ男』 田中 経一

 

麒麟の舌を持つ男

麒麟の舌を持つ男

 

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

死を目前にした人にかつて食べた最上の味を完璧に再現する“最期の料理請負人”が挑む、極上のミステリー。「満漢全席」に拮抗する「大日本帝国食菜全席」とは一体何なのか!?70年の時を超えた感動のラストを食べ尽くした瞬間、謎に包まれた幻のレシピが甦る。世界を魅了したTV番組「料理の鉄人」伝説のディレクターが料理と料理人への愛情で描き切った驚嘆のデビュー作!

 

 【感想】

絶対音感のような味覚「麒麟の舌」を持つ天才料理人・佐々木充は死を目前とした人の思い出の料理を完璧に再現する「最期の料理請負人」という仕事を生業とする。中国料理界の重鎮である楊晴明という老人から失われたレシピ「大日本帝国食菜全席」を探す依頼を受ける。

1930年代の満州天皇の料理番に任命された料理人・山形直太朗と楊晴明が軍から清朝の宮廷料理「満漢全席」を超えるレシピを作り出すことと命令される。

山形直太朗の幻のレシピに行き着いた佐々木は満州の歴史の真実を知る。。

 

「最期の料理請負人」の華麗なる料理が披露されるお話だと思ったら、レシピ本を巡る壮大なミステリーでした。意外に順調に話は進み、あっさりとしたお話。。多分、わたしが文章で脳内味覚がどれほど刺激されるのかを期待しすぎてしまったからかも。。

この本は、現在『ラストレシピ』と改題されたようです。

著者はテレビ番組「料理の鉄人」「ハンマープライス」「クイズミリオネア」などを手がける演出家さん。

昨年、映画公開されましたね。。実は数年前から本棚にしまわれて、、開かれないまま、ひっそりとしていた本。お恥ずかしい。読んでる最中に知りました。。まさか『ラストレシピ』の原作だったとは。。それが一番の驚きでした。

 

『わたしはロランス』

 

 おすすめ ★★★★☆

 

【感想】

モントリオール在住の国語教師ロランスは恋人のフレッドに「これまでの自分は偽りだった。女になりたい。」と打ち明ける。
序盤のロランスの秘密の告白シーンが美しく魅力的で目を奪われてしまう。。突然恋人に「女になりたい」と言われたフレッドの表情。。懇願するロランスの苦痛。。受け入れられるはずないけど、彼の切実な想いが身体に染み込んでくるんだと思う。。納得いくいかないじゃなく、、どうしようもない。。辛いなぁ。。幸せな時間があり過ぎればなおのこと。。フレッドは理解をし、サポートをすることに決める。。フレッドのギリギリで不安定な心を揺さぶった土曜のランチ。。顔を怪我して朝帰りしたロランスを心配するフレッド。そこにウェイトレスがロランスに不躾な質問攻め。。フレッド、キレる。
「彼氏のカツラを買ってきたことある?」
「どこかで殴られてるんじゃないかと、外出の度に怯えたことある?」
「土足で踏み込まないで。あんたはコーヒーを入れてればいいの!」
号泣した。。このシーンは涙が止まらなかった。。今も思い出すだけで、泣けてくる。。もう一回観たい。。狂おしいくらいの愛を感じる。。
ロランスと母との関係も見逃せない。息子を直視できずにいる母。目を見てと言う息子。「視線は重要?」「当然。空気と同じくらいに」このシーンも好き。和解していく母と息子のとても良い時間。。

愛し合ってる2人に性同一障害という思いもかけない問題からの葛藤と困難。。社会からも突き放されるけど、恋人、家族の関係がより濃厚になり、、「後悔がない」と堂々と言えるロランス。。フレッドが夢中になるのもわかる。。
エンディング。。2人の出会いのシーン。。決してこの2人の愛は偽りではない。。と思える彼らの10年愛物語でした。。

それにしても2時間50分は長かった。。ほんとは文句なく五つ星なんだけど、、長さがおすすめしにくいです。映像と音楽も素晴らしく、飽きる事なく観れたけど、、終わった時の時間に驚き。。夜は観ない方がいい。。ドランくんの映画(ロランスは彼が22歳の時の作品)、、惹きつけ方が強烈❣️

 

『かがみの孤城』 辻村 深月

 

かがみの孤城

かがみの孤城

 

 おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

 

【感想】

どんな願いも叶う部屋の鍵🗝が、どこかに隠されている。。あるルールを違反すると恐ろしい罰があり。。と、ゲーム的冒険ファンタジーな世界が起こりそうな初日。。どうやらここに集められた子達は不登校やワケありな子ばかり。。現実世界で学校に苦しめられているこころは、、次第にお城の時間が自分にとってかけがえのない世界になっていく。。
思春期世代のもどかしさ、抗えない大きな力に押しつぶされて逃れられない苦しみ、絶望の世界を彷徨う子供たちにとっての魅惑のお城。

序盤で謎がわかってしまい、ストーリーが確認作業となり、終盤で散りばめらていた謎が解決されていく時は、、暗闇の中の小さな光が広がっていく状態となり、心地よい気分になりました。見事な伏線回収✨
こころちゃんの冒険のはじまりにエールを送りたくなるラストです。。

『ミーコの宝箱』 森沢 明夫

 

 

ミーコの宝箱 (光文社文庫)

ミーコの宝箱 (光文社文庫)

 

 

 おすすめ ★★★★★

 

【感想】

ミーコの半生。。人と人の刹那な繋がり。。小さな出会いが人生に大きな変化をもたらす。。そんな宝物のようなお話でした。

第1章はミーコ視点。。風俗で働くミーコの常連さんとの会話から、ミーコの今の暮らしと少女時代の祖父母との思い出がわかる。祖母からは「他人様からお礼を言われる、ありがとうの手にしなさい」。祖父から「幸せの秘訣は毎日小さな宝物を見つけること」と手作りの宝箱をプレゼントされる。宝箱の内側のフタには手鏡が付いてある。。その理由はわからないまま、各章に必ず出てくる宝箱。。

 

祖父、友達、保健の先生、彼氏、風俗店社長、チーコ(ミーコの娘)...と各章でミーコを取り巻く人の視点から少女時代〜母親となるミーコの成長が描かれる。どちらかというと不幸な状況が多い。両親に捨てられ、いじめやDVに遭うミーコ。ただ幼い頃から厳しい祖母に育てられ、日々小さな幸せを見つける目を鍛え、芯が強く、常に相手を思いやる優しさを持つ女性に育つ。。そんなミーコとの出会いに救われ、心の浄化、人生の見つめ直し、愛する気持ちを与えてもらう。。まさに「ありがとうの手」。
最終章に行くまでに泣けました。。最終章はただただ心がじんわり温まっていくのでした。

 

このミーコのモデルになっているJellyさん。。カメラマンのお仕事をしてるようでTwitterを見たら、チーコと楽しそうな生活を送ってる。。そして若い。そっか。事実に基づいたフィクションだった。。想像してた人と違かったけど、幸せそうで何より。。

『Distny 鎌倉ものがたり』

「DESTINY 鎌倉ものがたり」予告 - YouTube

おすすめ ★★★★☆

 

【感想】
若い奥様と結婚した、にやけ顔の先生(作家さん)が鎌倉で新婚生活スタート。。ラブラブ💓な二人の前に現れる妖怪たち。。これは鎌倉では日常な事なので、、慣れれば楽しい世界。。にやけ顔先生はたまに警察のお手伝いもしてリーガルハイ的な一面を見せる。。幸せな生活を過ごしてるうちに、、奥様知らぬ間に幽体になってる。。にやけ顔先生は落ち込み落ち込み決意。。「妻を取り戻す!」黄泉の国へ。。江ノ電でいく笑。。「終点、、よみ〜、よみ〜」のあたりで、結構満足な映画でした。。その後の展開は、、笑えるだけ。。笑えるならいいのかな?
色々な夫婦愛を盛り込んでいたけど、、結構あっさり感があって、テンポ良し。。母子家庭って大変なんだろうなぁってシビアな問題も差し込み、、思わぬ死という現実を考えさせられた。。
死神役の安藤サクラさんと貧乏神様役の田中泯さんがすごく良かった。。この二人が登場するとワクワクしてる自分がいる。。(前のめり感があった)

 

『たゆたえども沈まず』 原田 マハ

 

たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

 

 おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

誰も知らない、ゴッホの真実。

天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。 二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

 

【感想】

パリに渡り、浮世絵を売り、日本文化を広める日本人。。林忠正と加納重吉。
災害や苦境にに襲われても沈まない都・たゆたえども沈まないパリを夢見る青年たちが出会う一人の画商。。テオドルス・ファン・ゴッホ。この出会いで、、孤高の画家が生まれる。。まだ「印象派」が認められない時代に、日本美術を愛好する「ジャポニザン」が流行していく。。テオも浮世絵に魅せられていく一人。。重吉との交流を深めながら兄・フィンセントの才能を世に広めたい一心で、全力で支援をする。。日本文化に触れたフィンセントは、パリからアルルに旅立ち、創作意欲に精を出す。。ゴーギャンとの共同生活から、刺激を受ける一方、、精神不安定となり、、入退院を繰り返す日々を送り、、狂気と苦悩の世界を彷徨い出す。。

テオの献身的な支援と健気な想い。。支援を続けるための経済的もだけど、精神的な強さは計りし得ない力が必要と思わせる。。兄の為に強くならなければいけない。。フィンセントもテオもお互い生きる力として必要な存在。。家族が増え、明るい未来を夢見始めた時の最愛の兄・フィンセントの死。。テオの心をいかに砕いてしまったのか。。想像をするだけで、、胸が苦しい。。兄想いと弟想い。。新しい才能が置き去りにされた時代に苦しんだ兄弟の激しくて優しいお話でした。

『秘密は日記に隠すもの』 永井 するみ

 

秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)

秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)

 

 おすすめ ★★★★☆

 

【感想】

著者最後の作品が、、初読み作品。。
ゆるく繋がる短編連作集。

「トロフィー」
憧れのパパの秘密を知った女子高生。。ママから言われ続けていた「パパみたいな男の人を見つけなさい」の一言が、、ガラリと変わる。。

「道化師」
母の死を受け入れられない40代独身男性。母の紹介から知り合った女性に一目惚れをして恋をしていく。。最後がとても切ないけど、優しい結末。。

「サムシング・ブルー」
不倫に苦しみ女性。しっかり者の妹に心配されながら、辛い恋愛を日記に書き綴る。。どんでん返しな展開に、、姉恐るべし。

「夫婦」
妻を亡くした夫。。妻のいない生活を穏やかに過ごしてる、、と思ったら...。熟年夫婦の似た者同士。。怖いなぁ。

 

思ったより、楽しめました。日記って個人的な部分を自分にさらけ出す物。。でもどこか他人を意識してる。。日記の利用の仕方も様々。。そういう所がこういう話を生み出せるんだなぁと感じました。
わたしも日記を長く書き続けてるので、、他人に覗かれる前にうまく処分できる方法を考えないと。。笑

この作品を書いてる間に著者は亡くなられたそうで、続きの話が読めないのはとても残念でした。冒頭の謎の日記への繋がりがとても気になります。