みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『美都恋めぐり』 北 夏輝

 

美都で恋めぐり (講談社文庫)

美都で恋めぐり (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

大学受験に失敗して関西の大学に進むことになった理系女子。頼りの親戚は黒ずくめの風変わりな書道家で、弟子はなぜか女装で理系の大学生。一行がめぐる大阪・京都・奈良の小旅行は珍事件が頻発、奥手の理系女子と秘密含みのイケメン理系男子の淡い恋の行方ももどかしい。好評・関西ゆるカワ恋話シリーズ。

 

【感想】

一度挫折しました。あだ名と本名が混在してて、ただでさえ名前を覚えるのが苦手なわたしは軽い混乱に。

☆主人公の女子は安藤友恵ちゃん。至って普通。

☆高校から付き合ってる彼氏カズくん。覚えた。

ここから難解↓

☆殿下?黒衣?この方達は書道の先生。2人は師弟関係。

☆イケメン理系男子サカイ。書道の生徒。友恵ちゃんとは同級生。カツラを被って女装してるけど中身は男子。ずっとサカイは堺くんだと思ってた。どうやら違うみたい。本名忘れた。

☆アルバイト先の先輩レオ。本名佐々木洋人。髪型がライオンに似てるから。小学生みたいな付け方ね。

☆その彼女らしき女子が姫。自分のことを「まろん」って呼ぶの。本名が姫宮まろんだから正解なんだけど、ややこしい。

☆黒衣(30代)に恋をしてる女子高生ゆりりん。。「ゆ、百合さん」と黒衣がたじろぐ。。「黒川先生!ゆりりんって呼んで!」。。ここで、黒衣の本名判明。ゆりりんは存在がややこしい。

 

はぁ。。把握困難。。誰が誰だかわからないのに慌しい会話が続き、、混沌とした世界にしか思えない。。三都の世界なんだけど。

だけど京都、大阪、奈良の観光地や美味しいご飯が紹介されてて、行きたくなる。挫折ちうにお好み焼きが食べたくなって、食べました。本ではたこ焼きだけど笑。

これはドタバタ劇ではなく、恋物語なの。後半でようやく人物の把握ができた程度でも、ラスト、友恵ちゃんとサカイのバレンタインシーンにキャーーとなり、エピローグではキュンキュン止まらず。。わたし‼︎それでいいのか‼︎‼︎...な読書でした。

『のっけから失礼します』 三浦 しをん

 

のっけから失礼します

のっけから失礼します

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

『BAILA』好評連載に5本の書き下ろしを加えた、自称「構想5年!」の超大作。ありふれているのに奇想天外な日常が綴られる三浦しをんワールド炸裂の抱腹絶倒エッセイ集。

【感想】
のっけから笑った😁

あのファッション雑誌『BAILA』の巻頭に掲載されてるエッセイ。。すごくない?大丈夫?一話から飛ばしてるなぁ。。タクシー運転手さんとの会話から飛び出る「パイプ◯ット」「ゴムガッパ」って(完全下ネタ)。。BAILA側がすごいかも。

しをんさんが宅配便に細く開けたドアからハンコを差し出し、荷物をドアの前に置いてもらうという行動。うれしい?共通点発見😆

読書が好きな理由が「外界へ開かれた窓」。。夢を見る事が好きな理由が「自分の内部へ開かれた窓」。。強く共感。。いいこと言うなぁと思った矢先に、素敵男子に言い寄られる夢を見ていい睡眠を得られる事を「もんだ眠」と独自に命名→「いい気なもんだな、睡眠中の俺」の略。。と爆笑させてくれる😂

ぎっくり腰になった話には、いちいち大爆笑🤣「しゅごー、しゅごー」の呼吸法で前傾姿勢のしをんさん「出産に臨むダース・ベイダー」。。歩き出すしをんさん「能舞台に立ったダース・ベイダー」。。「しゅごー、しゅごー」と呼吸しながら「直立不動でワイドショーを見るダースベイダー」、しをんさんは必死なんだろうけど、大爆笑が止まらない🤣

居酒屋店員の伝票を下唇の下で挟むスゴ技に感動して、帰宅直後、居間で寛ぐ両親の下唇の下にいきなり紙を挟むとか、恵方巻を提供するお店で黙々と同じ方向で恵方巻を食す団体客とか想像するとシュール過ぎて笑い泣き状態。。

ツボるわたしを家族は白い目や恐怖を浮かべる目で見てる。。本とお腹を抱えて足をバタバタしながら大爆笑して泣いてる人。。確かに怖い。でもものすごく大笑いするとスッキリするのよね。ありがたい。

暴走する妄想もオタク愛も勝手な命名も三浦家の家族も面白すぎて、大満足でした。しをんさんの免疫力低下が気になる。身体に気をつけて、これからも活躍してほしい。女性のファンがさらに増えたと思うなぁ。

『ノースライト』 横山 秀夫

 

ノースライト

ノースライト

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

横山ミステリー史上最も美しい謎。
熱く込み上げる感動。

一家はどこへ消えたのか?
空虚な家になぜ一脚の椅子だけが残されていたのか?

【感想】

警察小説ではない横山作品を初めて読みました。建築家のお仕事小説。

一級建築士の青瀬が設計した住宅・通称「Y邸」(「住まい200選」なら選ばれ、高評価を得る)
「信濃追分に八十坪の土地があります。建築資金は三千万円まで出せます。すべてお任せします。青瀬さん、あなた自身が住みたい家を建ててください」
と吉野夫妻から依頼され、北側からの光(ノースライト)が差し込む家を作り、夫妻から喜ばれるが、住んだ形跡がなく、無人の家だった。家には「タウトの椅子」だけが残されていた。吉野一家の行方は?なぜ無人の家の設計を青瀬に依頼したのか??が大きな謎ではあるが、描きたかったのは仕事と家族を同時に失った男の心の内だと思う。過去の栄光が苦しみでもあり、救いともなる。

 

ダム建設で働く父の移転で各地に渡り住む子供時代、建築家を目指す学生時代、妻との出会い、結婚、離婚に至るまでバブル期を駆け抜けた過去と崩壊後の喪失、仕事、妻娘への思いなど現在の葛藤がこれでもかと丁寧に丹念に描かれていました。何もかも失った青瀬がY邸に住んでいたはずの吉野一家に投影した幸せな家族像、柔らかで温かい家への憧れがノースライトから感じられました。

「どこか遠慮がちに部屋を包み込む柔らかな北からの光。東の窓の聡明さとも南の窓の陽気さとも趣の異なる、悟りを開いたかのように物静かなノースライト」

 

建築家ブルーノ・タウト氏の知識も詳細に書かれています。建築家の仕事、家具職人、インテリアなど興味深いお話も多々ありました。個人的に興味があるので面白かった。
とはいえ...中盤、少し気持ちが中だるみをしてしまい、後半の加速度が増すも、謎の解明は?と残りページ数が気になりだす始末。。
どちらかというと...警察小説の方が好きかな。わたしはね。

『刺繍する少女』 小川 洋子

 

刺繍する少女 (角川文庫)

刺繍する少女 (角川文庫)

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

死、狂気、奇異が棲みついた美しくも恐ろしい十の「残酷物語」

 

【感想】

「残酷」という言葉からは耐えがたい苦痛で精神的に追い込まれ、打ちひしがれてもなお追い込まれる。という痛めつけられる印象だけど、十のお話は独特で、どことなく優雅な雰囲気が漂い、静かで美しい得体の知れない世界に知らぬ間に足を踏み込み、ふと気づくと恐怖の中に身を置かれているような。。そんなひっそりとした怖さがありました。

気になる物語と印象的な言葉を選んでみました。

「刺繍する少女」
母がいるホスピスで僕は子供の頃に遊んだ少女に再会、彼女は虫を一匹一匹つぶすように刺繍をしていた。

「小さな小さな針の先だけに自分を閉じ込めるの。そうしたら急に、自由になれた気分がするわ」

(死と美しさが纏う話。自由は惹かれるけど危うい。)

 

「森の奥で燃えるもの」
収容所へようこそ。登録係に左耳の奥にある「ぜんまい腺」と呼ばれるひんやりした物体が抜かれる。森の奥で燃やされる無数のぜんまい腺。

「長い旅をして、ようやくここへたどり着いたことを忘れちゃいけない。...(中略)....遠い場所の記憶に邪魔されては、ここで暮らしてゆけない。時間というものが、懐かしいか?」

(すごい独特で不思議な世界だった。足を踏み入れたら、戻れない。)

 

「ケーキのかけら」
うら淋しい高原にある古びた家に二週間泊まり込みで片付けもののアルバイトをするわたし。そこには王女さまが住んでいたの。盛大な婚約発表の記者会見の思い出に浸る王女さま。

「カメラのフラッシュがたかれるたび、ボンっていう音が恐かった。自分な内臓が破裂したんじゃないかって、心配になるような音だったの」

(まさに狂気の世界。王女さまと思い込む女性の優雅な記憶。二泊が限界かなぁ。圧迫感に襲われそう。)

 

「図鑑」
図書館で寄生虫の図鑑を眺めてから、不倫相手のマンションに通う女性。

「寄生虫の暮らしについて、考えたことある?」

(ないです。寄生虫化する彼女のお気に入りはムササビの大腸の標本。丁寧な描写にゾワゾワ。)

 

「ハウス・クリーニングの世界」
ハウスクリーニング業者が訪れた家には優美で華奢な女性がいた。時折どこかで赤ちゃんの泣き声が。

「汚さの度合いという意味じゃなく、深さの問題なんです。あざのような、刻印のような、侵しがたい存在感を持ってます」

(汚れから住民の人間性が推し量れるか?なかなか興味深い疑問。染みにも思い出があり、忘れ去りたい過去もある。汚れが消えるとたまらない心地よさもわかるわぁ。無数の染み。これは迫りくる怖さがあった。)

 

「第三火曜日の発作」
重い喘息を患う女性が病院で出会う男性との第三火曜日の逢瀬。

「空気清浄機の音が聞こえないの」
(このお話は切なかった。空気清浄機の音が「自分の鼓膜のリンパ液に住み着いた昆虫が、うめき声を上げているかのような」不機嫌な音。この描写から彼女の悲しさが伝わる。聞こえない世界は蠱惑的な世界なんだろうなぁ。ふぅ。)

 

作者の言葉「見えないものを言葉で見ようとしている。現実の常識を疑ってかかっている」

狂気や恐怖にゾワリとするのに浮遊感が続く美しい世界。好きです。
午後のティータイムにのんびり読んでいたい一冊です。

『まなの本棚』 芦田 愛菜

 

まなの本棚

まなの本棚

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

運命の1冊に出逢うためのヒントに!

「本の出逢いは人との出逢いと同じ」
年間100冊以上も読み、本について語り出したら止まらない芦田愛菜が
本当は教えたくない“秘密の約100冊”をご紹介。
世代を超えて全ての人が手に取ってみたくなる
考える力をつけたい親御さんと子供たちにも必読の書です。

Q 本の魅力にとりつかれた初めての1冊は?
Q 一体、いつ読んでいるの?
Q どんなジャンルの本を読むの?
Q 本を好きになるにはどうしたらいい?
Q 好きな登場人物は?

スペシャル対談
・山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長 教授)
・辻村深月さん(作家)
も収録!

 

【感想】

天皇陛下御即位をお祝いする祭典で大好きな読書を織り交ぜながら祝辞を述べる凛とした姿が話題となった芦田愛菜ちゃん。愛菜ちゃんの読書を通じて得た知識が気になるので、読んでみました。

「タイミングってとっても大切。やはり本は出会い」

愛菜ちゃんの瑞々しい本好きあるある、本の選び方や読み方。正解がないから面白い!と溢れる読書愛にこちらまでワクワク。。小説、エッセイ、図鑑、歴史、古典、海外文学までと幅広い。。好奇心旺盛で意欲満々な女の子ね。。辻村深月の大ファンで意外にスポ根好きでもある。。本の感想を読み、伝える力や表現力に感心しますが、何より感受性が素晴らしい。物語から得る物の豊富さに見習いたいことばかりでした。特に村上春樹作品の感想は奥深かった。。
辻村深月さんや山中伸弥さんとの対談も面白い。。辻村さんが最後までプロットを考えずに物語を書いてるということに「えー!」と愛菜ちゃんと同時に驚いた笑。。謎を散りばめているけど答えは考えてなく、書いていくうちに「気づく」。。執筆が楽しそう。。
小説は一人だけでは成り立たない。読み手が想像しなければ、作家がイメージしてる人物の姿は伝わらない。書き手と読み手が一緒になって一つの像を作り出すことが魅力。。本を読むことは「現実逃避」と言われるかもしれないけど、「目の前の世界だけがすべてじゃない」と教えてくれるのが本だと思う。。という辻村さんの言葉に読書の魅力が詰まってました。
山中伸弥さんとの対談では研究と芸術の共通点。何かをゼロから作り出すという創造の世界。ゼロから無限の可能性を引き出せる仕事。
小説家、生物学者、女優。。この対談の時間、空間が物語みたい。

 

愛菜ちゃんの選んだ秘密の約100冊のうち既読本は25冊でした。

『おしいれのぼうけん』

『不思議の国のアリス』

『ぐりとぐら』

『魔女の宅急便』

『怪人二十面相』

『学習まんが人物館』

『赤毛のアン』

『あしながおじさん』

『ハリーポッター』

『夜のピクニック』

『風が強く吹いている』

『リズム』

『ふたり』

『西の魔女が死んだ』

『舟を編む』

『かがみの孤城』

『そして誰もいなくなった』

『こころ』

『永遠の0』

『海辺のカフカ』

『探偵ガリレオ』

『三毛猫ホームズシリーズ』

『図書館戦争』

『若草物語』

『スロウハイツの神様』


読んでみたいと思った本は、

『ツナグ』(辻村深月)

『天と地の方程式』 (富安陽子)

『反撃』(草野たき)

『変身』(カフカ)

あと...日本文学を読まず嫌いしてないで、読もう。。いつか(もう弱気)

『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』

バスキア展に行ってきました。

f:id:mi2_co2_rin33:20191116140933j:image

ニューヨーク生まれで落書きアートが注目され、27歳という若さで亡くなったジャン=ミシェル・バスキア。力強くて強烈で刺激が強くて、最初はそのパワーに圧倒され、少し混乱をしましたが、彼の世界観に溶け込み始めてからは、刺激を求める自分がいました。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116140954j:image

ZOZOタウンの前澤さんが123億円で落札した絵。ものすごく強烈。この絵を観てるとパワーが漲る...もしくは奪われる?かも。

 

パワフルで奇抜な作品が並ぶ中、半分のバナナの絵の下に「half eaten」って書いてあったり、一本足の絵の横には「FEET」って書いてあったり、そんな言葉を見るたびにわたしの萌え所なのか、うわぁ〜可愛い〜💕とすごくキュン💕としてしまう。。言葉をとっても大切にしているのが彼の創作ノートからも伝わり、一瞬一瞬のひらめき、直感が彼のメッセージとして、強烈に発信されてました。

撮影可能作品の一覧をどうぞ↓

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141044j:image

「自画像」

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141204j:image

「オニオンガム」

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141229j:image

「ナポレオン」
100万円とナポレオンってどんな意味があるんだろ?意味にこだわらず、感性で楽しむ。自由だぁ。

日本に来日していたバスキアは寺院やYEN、鉄人28号のようなアニメの絵など、日本に興味を抱いていたような作品も数々展示されていました。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141313j:image

「メイドインジャパン」
機械人間のような人たち。日本人のこと?なのかな?脳が複雑化されていそう。AIの未来が見えたのかな?

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141358j:image

「消防士」
火を消したいけど、、ワケありな二人がいるから、出るに出られず、困ってる消防士さん?なわけない?と、ユニークな発想して遊んでみたりと、脳内が加速し始めます。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141604j:image

「プラスティックのサックス」
このような貼り絵のような作品。写真や絵のコラージュ作品もありました。とてもかっこよかった!日本語の文字もかわいい💕

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141644j:image

「炭素/酸素」
この破壊力にはびっくり。ビルからニョキッと顔が出てる。。左側に化学式が書かれていて、未来の地球が破壊されていくようで、怖かった。。

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141727j:image

「フーイー」
この絵から、何かを読み取れますか?
わたしは、、「わからない」だった。。わからなくても惹き込ませる才能って、すごいね。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141753j:image

1986年の作品「無題」
浦沢直樹さんの『BillyBat』を思い浮かべた。
壁一面の超大作。。はぁ..とため息しか出ない。

 

振り返ると圧倒的なパワーで狂気な世界でもあった。現代アートは刺激があって、脳が活性化する〜。

『出版禁止』 長江 俊和

 

出版禁止 (新潮文庫)

出版禁止 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

著者長江俊和氏が手にしたのは、いわくつきの原稿だった。題名は「カミュの刺客」、執筆者はライターの若橋呉成。内容は、有名なドキュメンタリー作家と心中し、生き残った新藤七緒への独占インタビューだった。死の匂いが立ちこめる山荘、心中のすべてを記録したビデオ。不倫の果ての悲劇なのか。なぜ女だけが生還したのか。息を呑む展開、恐るべきどんでん返し。異形の傑作ミステリー。

 

【感想】

「恐るべしどんでん返し」と聞くと、素直に騙されたいけど、やっぱり騙されたくないなんてひねくれた心が沸々湧き、裏読みしながら読んでました。。ちょっと仕掛けが見えた。。グロい描写があって不快にもなった。。でもどんでん返しミステリー好きは楽しめるのかもしれません。。ということで、、思いっきりネタバレします。

新藤七緒(匿名)と若橋呉成(筆者のペンネーム)の初対面シーン

「□□(※筆者の本名)さんですか?」と新藤七緒に声をかけられる。この時は何とも思わなかったこの描写。。後々やたら「□□(※筆者の本名)さん」とめんどくさい表記が出てきて、、これはなんかあるなとさすがに感じる。。めんどくさいんだけど、そのまま読んじゃう性質のわたしは、そのおかげでピンときたの。

「心中事件」の裏には大物政治家・神湯(かみゆ)が絡んでるらしいの。。原稿名が「カミュの刺客」。。神湯氏、キーマンね。神湯氏は簡単に会える人ではない。。でも神湯信奉者となぜかあっさり取材許可が下りる(←ここ急に不自然)。信奉者の一言→「視覚の死角に早く気づかなければならない」。。って、わざわざ重要なキーワードを教えてくれたよ。。わかったね。。視覚の死角...しかくのしかく...□の□...刺客の□...刺客の刺客。。はぁ。スッキリ。□□(※筆者のの本名)さんは刺客の刺客さんなのね。。誰が誰の刺客なの?がわかると「心中」の全貌が明らかになる。このルポの目的も。。

刺客が刺客に恋情を抱くのは、、やっぱり刺客としては失格なんだろうなぁ。。って駄洒落なオチって何なのよ笑。。「わかはしくれなり」さん、、「しんどうななお」さんに残酷すぎない?