みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『妻が椎茸だったころ』中島京子

 

妻が椎茸だったころ (講談社文庫)

妻が椎茸だったころ (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

亡き妻のレシピ帖に「私は椎茸だった」という謎のメモを見つけた泰平は、料理教室へ。不在という存在をユーモラスに綴る表題作のほか、叔母の家に突如あらわれ、家族のように振る舞う男が語る「ハクビシンを飼う」など。日常の片隅に起こる「ちょっと怖くて愛おしい」五つの「偏愛」短編集。

 

【感想】
独特で不思議な五つの偏愛短編集。

妻が椎茸だったころ...?と興味を持ち、手に取った本。

 

「リズ・イェセンスカのゆるされざる新鮮な出会い」

オレゴンの田舎町。。嵐で立ち往生していた日本人女性が知り合った老婦人の家で一晩お世話になる。。彼女は5人の夫とのゆるされざる愛を語る...。

(衝撃度は一番。ラストが怖いよ。英語力は低い方が幸せ?笑)

 

ラフレシアナ」

知り合いから二週間、食虫植物のお世話を頼まれた女性。。帰宅後の知り合いに異変が...。

(食虫植物の育て方を調べてみた。。見た目が奇抜)

 

「妻が椎茸だったころ」

突然先立たれた妻のレシピ帖。そこには料理のレシピと日記が記されていた。「私は椎茸だった」というメモを見つけ、妻が通う料理教室へ...。

(妻の意外な一面を知る夫の変わりゆく姿が、、可愛らしい。干し椎茸に奮闘しながら、妻の秘密に近づきたい夫がコミカルだけど、、しみじみしちゃう)


「蔵篠猿宿パラサイト」

女2人旅。旅行先で石に取り憑かれた男と出会う...。

(男に魅了されていく女性とそれをドン引きしながら付き合う女性。。笑える)


ハクビシンを飼う」

人嫌いだった亡き叔母の家に、家族のような付き合いをしていたと言う男性が現れる。。知られざる叔母の話を聞くうちに...。

(白昼夢のような不思議なお話。。過疎の村では起こりそう。。狐や狸...ハクビシンに騙された感じ)


人の奇妙な執着心に知らず知らずに自分も染まっていく感覚...ゾクッと感じられ、じっとりした梅雨時に、ちょうど良い面白さでした。。

 

 

 

 

『裁く眼』 我孫子 武丸

 

裁く眼 (文春文庫)

裁く眼 (文春文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

漫画家になりそこね、路上で似顔絵を描いて生計をたてていた鉄雄。ある日テレビ局からの急な依頼を受け、連続殺人事件裁判の「法廷画」を描くことに。注文通り仕上げた絵が無事に放送された直後、何者かに襲われて怪我を負う。鉄雄の絵には一体なにが描かれていたのだろうか?予測不能、驚愕の法廷サスペンス。

 

【感想】

裁判を忠実に描く法廷画家にスポットを当てた物語。。あくまでも裁判のやりとりや被告人の印象などは絵の素材であり、、裁判官、検察、弁護士、被告人などの表情や緊迫した雰囲気を描き、テレビ局に提出するまでがお仕事。。実際の時間は20分程度と短く、スピードと集中力が必要。。法廷画家視点の裁判の見所や初めての法廷画の仕事を請け負った鉄雄が巻き込まれる事件が絡みあい、なかなか面白かった。。

我孫子武丸さんはわたしの中では『かまいたちの夜』というゲームのシナリオライターサウンドノベルでは、大好きな作品でした。。小説を読み進め、分岐選択により恐ろしい結末やら幸せな結末やらと、、多数のエンディングにたどり着く。。一つの物語の中で多数のシナリオを書く才能が素晴らしい。。とても印象深いゲームだったので、、本を読みながら、キャラの動き、背景、効果音、シーン遷移、音楽が頭に浮かび、サウンドノベルゲーム読みに。。それはそれで、楽しかったかな。。

 

我孫子さんの小説は初めて読んだと思ったら、、以前『殺戮にいたる病』を読んでた。。あれほどの衝撃は本作ではないけど、楽しめたから、我孫子作品はわたしには合ってるみたい。

法廷画も興味深かったのと同時に裁判員制度にも興味が。。面白い作品があったら、読んでみたいです。。

『あの日のあなた』遠田潤子

 

あの日のあなた (ハルキ文庫 と 7-1)

あの日のあなた (ハルキ文庫 と 7-1)

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【感想】

完璧な父親が、百合の花を買いに出かけて事故死した。大学生の息子・在(アル)は、父親の書斎(入室禁止の秘密基地)で明らかにされてく過去と父の本当の姿に...。

 

決してホラーではないのに、、ホラー小説を読んでる気分になり、後ろに誰か立ってるんじゃないかなぁ?ってソーっと振り返ってみるあのゾッとする感覚(背筋が凍ると言いたい笑)が、、起きました。。純愛?家族愛?のジャンルなんだと思います。。でも、すごく怖かった。。

 

ネタバレします。

完璧な父には、忘れられない女性がいた。。生涯一番愛した女性・翠。。その女性との間に生まれてくるはずだった赤ちゃん(「在」と命名予定)。。翠は不幸な事故で死亡する。。翠の死を死ぬまで悼み続けた父親。

決して家族には翠の存在を悟られぬように完璧に「良き夫、良き父」を演じ続けた父親が翠との思い出に浸る場所が、書斎だった。。翠の理想の家、家庭を作り上げていく父の想いが書斎にいっぱい詰まってる。。

 

恐怖の戦慄が走った。。自分の家に知らない亡霊が彷徨ってるようで。。父の翠への想いの強さを気づいていただろう在の母親。。文中では明らかにされていない母(既に他界)の気持ちですが、、想像すると、一番辛い。夫の後ろには見知らぬ女性がいる。。完璧に笑顔を向けてくれる夫の背後。。妻にも強い想いがなければ、心折れそう。。

喪失感を隠しながら、家族や世間の前で完璧の人間を演じる父。。父に憧れ続けた在にとって、自分は初代在の偽物なのか?と苦しみ、怒り、父の過去を貪るように調べる。。過去を知れば知るほど、悲しみが広がる。。人には誰にも知られたくない過去はいくつかある。。その事を墓場まで持っていくのが責任な気もするのだけど。。苦しみを勝手に押し付けていく人間の自己満足の世界に、、辟易、、ゾワゾワ...。

 

「完璧な父」。。「完璧」の裏側って怖いなぁ。。決してホラーではないのだけど、、ゾワゾワばかりして、、あまり入り込めなかったです。。見方をちゃんと変えれば、とても心打たれる純愛物語なのかもしれない。。わたしにとっては、、そこまで読み取る力が及びませんでした。。

『空飛ぶ馬』 北村 薫

 

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

女子大生と円紫師匠の名コンビここに始まる。爽快な論理展開の妙と心暖まる物語。

 

【感想】

女子大生の「私」と落語家・春桜亭円紫師匠が日常で起こる謎を巡る連作短編集。シリーズ第1弾。

織部の霊」...「私」と円紫師匠の出会い。。縁を取り持つ恩師・加茂先生の不思議な夢。。
「砂糖合戦」...「私」が感じる小さな違和感。。女の悪意がちらり。。苦いお話。
「胡桃の中の鳥」...女子3人旅行。。ゆる〜くほのぼのした旅の終盤で一転。。衝撃的な旅行記。。
「赤頭巾」...突然の歯痛で歯医者に駆け込む「私」。。待合室で隣り合わせた女性から聞いた不思議な話。メルヘンな童話から読み取るドロドロミステリー。。
「空飛ぶ馬」...最後のお話は温かく柔らかく爽やか。。

平凡と思われる日常には小さな謎がたくさん散りばめられてます。。師匠のように鮮やかに解決はできないけど、、こうなのかなぁって妄想を働かせるだけで、、変哲も無い日常がドラマのようになる事もありますね。。
北村薫さん。。男性だと思ってたら、この作品で女性だと思い込み、結局男性だったという。。どうでもいいけど、変な現象が起きました。。

『世界の果てのこどもたち』 中脇 初枝

 

世界の果てのこどもたち (講談社文庫)

世界の果てのこどもたち (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、運命は三人を引きはなす。戦後の日本と中国で、三人は別々の人生を歩むことになった。戦時中の満洲で出会った、三人の物語。

 

【感想】

終戦後の満州で生きる日本人の苛酷さに何度も本を閉じてしまった。。やむなく子を殺す親の悲劇。。命乞いをする子供たち。。極限状態の中、人間らしさを失っていく大人たちの姿。。次々に死んでいく人々。。珠子の目は壮絶な光景を休みなく焼き付けていく。
日本で生きる美子。人種の壁に辛く惨めな思いをするが、前を向いてひたむきに生きる。。
珠子も美子も国籍を隠しながら生きていかなければならない様子がとても辛い。。
裕福な暮らしをしていた茉莉は空襲で家族を失い、置かれた状況が一気に激変する。。空襲後は盗難、略奪が繰り返される。。おばさんにキャラメル一粒を手に握らされた茉莉は優しさを感じる間も無く、別のおばさんに握らされた小さな手の指を一本一本開かせキャラメルを奪われる。。この経験、感触は茉莉の一生忘れられない思い出となる。。

 

戦争は誰が何のためにしたものだったのか?国籍とは?自分は何人?
戦争で亡くなったのは、戦地の軍人たち、戦地の国民、空襲や原爆の被害にあった人々だけではない。。終戦後に生き抜く人々や満州の地の開拓民も。。たくさんの尊い命が失われた。。
日の丸の旗を振って戦地に送り出し、武器の補充の為に金属供出、平和のために敵国を懲らしめなければならないと当然のように思い込んでいた国民(子供たちも)の受け止めきれない衝撃はとても重くのしかかるものだと思う。。

 

たくさんの事を考えさせられた。。戦災孤児在日朝鮮人、残留孤児など書ききれないくらい、重く深く。。戦争の歴史をテーマとする小説を読むたびに残酷さをいつも思い知らされてはいたけど、、本書を通して、それぞれが置かれた場所で必死に生き、境遇や不幸から生まれる疑問、苦悩を抱えながら人の厳しさ、小さな優しさを胸に留め、「悲劇の連鎖」をくり返してはならないという強い想いが伝わってくる。。幼い3人が満州で1つのおにぎりを分け合い、友情を深めていった場面。。国と国も争うのではなく、おにぎりを分け合う気持ちが、、持てたらいいのに。。

『いなくなれ、群青』 河野 裕

 

いなくなれ、群青(新潮文庫)

いなくなれ、群青(新潮文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

 

【感想】

11月19日午前6時42分、七草は最も会いたくない人物に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女・真辺由宇。最初に出会った住人がこの島のルールを説明する役目。。七草は真辺に告げる。「ここは捨てられた人たちの島だ。この島に出るには、真辺由宇が失くしたものをみつけなければならない」。。地図に載っていない「階段島」と呼ばれる奇妙な島…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。。

「階段島」で日常を暮らす人々はどこか欠落している。。学校が怖い先生。虚言癖のある友人。上手く話せない同級生。人の面倒を見なければ済まない委員長。。理想主義者の真辺。。悲観主義者の七草。。欠落しながらも平和に暮らす島の人々(アマゾンで買い物もできるの)。。噂では学校の裏側にある山のふもとから階段が伸び、山頂に魔女が住む館があるらしい。魔女がこの島を支配しているらしいが、存在を確認したものは誰一人いない。。島から出たい真辺は魔女の手がかりを探す。。島で危うい存在になりそうな真辺を守り続ける七草。。
真辺のまっすぐな正義感、常に理想を目指し、実行する為の潔さはあり、とても強く正しい女性だけど、思いやりや優しさにかけ、相手を押さえつける勢いがあり、そばにいたら、苦手なタイプかもしれない。。真辺だけでなく、島の人々は常に自分の性格に忠実に生きる。。自分を変えるつもりは最初からないように。。ラストの終着地点はどんなだろう?。。島の秘密は暴かれ(欠落した人格の意味も解明)、、真辺らしい潔い決断で終わった。。不思議な世界観は嫌いじゃないけど、、登場人物のように物語もとても欠けてる感じがする。。まだシリーズ第1弾だから、、これからなのかな。。次巻も読んでみます📖😌

『夏の庭』 湯本 香樹実

 

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

この世界には隠れているもの、見えないものがいっぱいあるんだろう。

死への興味から、生ける屍のような老人を「観察」し始めた少年たち。いつしか双方の間に、深く不思議な交流が生まれるのだが……。

町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど、不思議と老人は元気になっていくようだ――。いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが……。喪われゆくものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。

 

【感想】

わたしも幼少期に「人が死ぬこと」を考え、命についてはよくわからないけど、、日々の生活の終わり、この世から存在が消えること、そもそも自分って存在してるの?といつも答えのない事にを漠然と不安を感じていたことを思い出します。。子供の世界は狭く、経験が浅いので、未知なる物への興味、好奇心が想像の世界で膨れ上がっていくのでしょうね。。この物語は、、想像では収まらず、、実際に「死ぬ人」を観察していこう!と思い立ち、行動する話。。もうすぐ死ぬだろうと予想されるおじいさんの観察...。子供の発想や好奇心というのは時に無邪気で残酷ね...と、妙に納得。。死にそうな人を見つけてくる所もすごい。。3人はもちろん、おじいさんに怒られる。。そりゃそうだ笑。。でもめげずに、見張る(ここが男の子らしいね)。。おじいさんも観察されることを楽しみだし、会話をし、生活をし、交流を深めていく。。この奇妙な「おじいさん観察」がおじいさんと3人の日常に生命の活力を生み出していき、、学校や親には教えてもらえない大切な事を学ぶ。。初めての死に直面した子供たちの悲しみの深さには胸打たれる。。いつまでも続くと思っていたおじいさんとの時間。。永遠はない。。瑞々しい夏が終わり、静かに秋が過ぎ、冬になる頃、3人は別々の道を歩んでいく。。弱気で怖がりだった夏の頃の3人がちょっと大人になってる。。おじいさんの庭で過ごした時間は人生において短い瞬間だけど、、とても濃い貴重な時間。。子供は大人が思ってる以上に観察し、たくさんの事を感じ取り、知らぬ間に成長しているんだと、、短い物語でしたが、子供心に触れ、わたしもほんの少し成長した気がします。。ただ今、わたしの末っ子6年男児。。反抗期真っ只中。。読ませたいわ📖✨