みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『舟を編む』  三浦しをん

舟を編む

舟を編む

  

おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく―。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか―。

 

「言葉」に対しての情熱、執念、探究心に妥協しない馬締君を受け入れてる香具矢ちゃんに感心感心♪って見所はここではない。『大渡海』(辞書)の出来上がりに労する莫大なお金と時間と人材と神経に脱帽しました。老若男女が使用する日本語の辞典ですからね。いい加減には作れないし、ミスも許されないという責任は想像し難いものだというのはとても文面から感じられます。辞書編集部の世界が少しわかって得した気分。