みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『横道世之介』 吉田 修一

 

横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔。


【感想】

時代は令和ですが、、昭和満載のお話を読んで、声を出して笑いました。。

横道世之介。。お気楽で、人の頼みは断れないお人好し。そんな世之介の大学生活1年間の日常が描かれてます。友の結婚、一目惚れした年上の女性、お嬢様との恋愛、帰省する度に東京に染まっていく世之介。。
初めはバブル期の健全なる男子学生の青春謳歌話を延々と読み、、なんて平和な時代なんだろ?と、笑ったり、呆れたり。。クルージングデート、バイトのチップ1万円とか。。バブルってすごい。。勢いがあって、迷いがない。。世之介だから?時代だから?

お嬢様・祥子との出会いから世之介の味わいが深く浸透してくる。。祥子の人生が激動でとても興味深い女性。。個性強めの彼女との恋愛がゆっくり進むところがとても良かった。。別れるのが早いけど。。笑。

「あいつ...どうしたっけ?」と常に気になるわけではないけど、ふと思い出したくなる存在。。誰かの思い出の中に自然体で入り込める世之介の魅力。。最後のページを読んで、表紙を見るとじんわりと胸に込み上げてくる。。

大人の世之介がどんな人生かなぁ。。祥子ちゃんとは続いてほしかったなぁ。。人生において、学生の頃の出会いや出来事は刹那的だけど、、思い出すと色鮮やかに蘇る。。そんな青春時代が描かれた明るい吉田作品もいいなぁ。。