みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『犬がいた季節』 伊吹 有喜

 

犬がいた季節

犬がいた季節

  • 作者:伊吹有喜
  • 発売日: 2020/10/14
  • メディア: Kindle版
 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

ある日、高校に迷い込んだ子犬。生徒と学校生活を送ってゆくなかで、その瞳に映ったものとは―。最後の共通一次。自分の全力をぶつけようと決心する。18の本気。鈴鹿でアイルトン・セナの激走に心通わせる二人。18の友情。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件を通し、進路の舵を切る。18の決意。スピッツ「スカーレット」を胸に、新たな世界へ。18の出発。ノストラダムスの大予言。世界が滅亡するなら、先生はどうする?18の恋…12年間、高校で暮らした犬、コーシローが触れた18歳の想い―。昭和から平成、そして令和へ。いつの時代も変わらぬ青春のきらめきや切なさを描いた、著者最高傑作!

【感想】

昭和63年。迷い犬が八稜高校で保護される。白くてフワフワした犬は、コーシローと名づけられ、学校で飼われることになった。コーシローの世話をする「コーシロー会」の代々のメンバーとの幾つもの3年間を見守り続けたコーシローの11年間。青春連作短編集です。

主人公は地方で暮らす高校3年生たち。それぞれが抱える事情に苛立ちながらもまっすぐに生きる高校生。時代は昭和から平成に。。時代背景が自分の高校時代と重なり、当時の流行りの歌や文化、震災やサリン事件など、懐かしさとほろ苦さ、衝撃がまざまざと蘇る。高校生活の3年間は人生では刹那的な時間。時が変われば文化も違う。家庭環境も違う。。でも、青春は変わらない。あの頃の自分を振り返り、甘酸っぱい気持ちが広がるのです。。

何度も切なくなるのが、出会いと別れを繰り返すコーシローの語り。「元気でね、コーシロー」と旅立っていくメンバーたちを見送る卒業式の日。。成長した卒業生との再会を心待ちにしている姿もなんとも愛くるしい。。もちろん永遠ではないこと...物語の途中でも、その時を思うと涙で字が霞むことしばしば。。動物もの...特にワンコはただただ泣いてしまうから、あまり手を出さないようにしてる。。想像通りの号泣でした。

カバーを取ると...また泣けてくる。。ぜひ読み終わってから、取ってみてください。愛おしさが込み上げてきます。