みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『下町ロケット2 ガウディ計画』  池井戸 潤 

 

下町ロケット2 ガウディ計画

下町ロケット2 ガウディ計画

 

 おすすめ 

 

内容紹介

ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年――。
大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。
「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。
しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所に
とってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は・・・・・・。医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった。

読んだ人から「途中から止められなくなりますよ」と言われた通り、止まらなかったです。明日からドラマはガウディ計画に突入するらしい。ネタばれしませんよ。

前回の『下町ロケット』と同様、佃社長、社員の気持ちが痛いほどわかり、佃製作所の一社員かのように、感情移入してしまった。こんな規模の大きい事ではないが、私も過去にエンジニアの仕事をしていたので立花君とアキちゃんの気持ちがとてもわかる。開発中は何に対して仕事しているのか、わからないほど、目の前に出された案件をこなしていく作業。時間の感覚、記憶もない程、ひたすらPCに向かってコードを打ち込んでいくだけ。私は消化的作業だったので、こんなに熱い気持ちで仕事ができる事がうらやましい。不満、葛藤、理不尽、しがらみ、不安の中でも夢、希望、信頼、喜び(貢献度)がある。こんな会社で仕事したい。