みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『天使のナイフ』  薬丸 岳

 

天使のナイフ (講談社文庫)

天使のナイフ (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

天罰か?誰かが仕組んだ罠なのか?妻を惨殺した少年たちが次々と死んでいく!

生後5ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。だが、犯行に及んだ3人は、13歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。4年後、犯人の1人が殺され、桧山貴志は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。

 

少年犯罪を考えさせられる本。内容がどんどん盛り沢山になり私の頭ではついていけそうにないと感じながらも最後まで読み終える事ができました。国にとって大事な子供達。その子達が犯した罪の重さをわからせるのは親である私たちはもちろんの事、この国を担う人達の大きな役目でもある。被害者の事、これから起きる凶悪犯罪の事を考えると少年法を見直すのは必要不可欠な事だと思う。