みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『不愉快犯』 木内 一裕

 

不愉快犯 (講談社文庫)

不愉快犯 (講談社文庫)

  • 作者:木内 一裕
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: 文庫
 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

人気ミステリー作家・成宮彰一郎の妻が行方不明になった。殺害の現場とされた潰れたビデオ販売店には、大量の血痕と成宮の靴跡が。「遺体なき殺人」の容疑で逮捕・起訴された成宮の、邪悪なる「完全犯罪」プランとは?天才悪役が、警察を、司法を、マスコミを翻弄する前代未聞の犯罪エンターテインメント小説。

【感想】

美しい妻を殺害したミステリー作家の完全犯罪。凶悪犯罪に芸術性を見出す不愉快な犯人。ずっと不愉快な感じが...イイね!(←これ、成宮の口癖?めちゃ不愉快)

シンプルなストーリー、面白いです。