みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『女帝 小池百合子』 石井 妙子

 

女帝 小池百合子 (文春e-book)

女帝 小池百合子 (文春e-book)

  • 作者:石井 妙子
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版
 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・小池百合子。 女性初の都知事であり、次の総理候補との呼び声も高い。しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。

「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代、キャスターから政治の道へーー
常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。 今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、 三年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切る。

〔目次より〕
序章 平成の華
第一章 「芦屋令嬢」
第二章 カイロ大学への留学
第三章 虚飾の階段
第四章 政界のチアリーダー
第五章 大臣の椅子
第六章 復讐
第七章 イカロスの翼
終章 小池百合子という深淵

 

【感想】

今でも目に焼き付くあの光景。緑の戦闘服に包まれた女性が声高々に叫ぶ。緑の布を振り上げ、声を張り上げ、声援を送る群衆。「百合子!百合子!百合子!」国民的アイドルのステージではありません。。2016年突如都知事選に立候補をした小池百合子さんの街頭演説です。テレビに映る緑一色に囲まれた街宣車の上で満面な笑顔の小池さんに圧倒され、不安な気持ちになった事を覚えてる。。小池さんの対抗馬の方への明らかな失言が何度もテレビで放送され、責め立てられても一貫として「いいえ、言ってませんねぇ」と物腰柔らかな口調で交わしていく。。今も健在ですね笑。

小池さんの人脈、信頼、政界進出を築き上げる武器?となる「カイロ大学卒業」という事実認定への道。。エジプトで同居していた女性の告白。。小池百合子当時19歳。彼女の危うさをハラハラドキドキと見守る同居人。奔放で無邪気で大胆で秘密主義の彼女がついた大きな嘘。。今現在でも騒がれる学歴詐称。「事実の上書き」この才能で世界を渡り歩くまさに女帝。。上昇志向、闘争心、野心は並大抵のものではなく、押しの強さと強靭な心臓の持ち主、自身のプロデュースに余念がない。。無名な女子が全ての人脈を利用し、一国の大統領夫人と会見ができるとは...数々のエピソードには驚きと恐怖の連発でもあり、破天荒ぶりには苦笑いをしてしまうものや、呆れて茫然としてしまうものも。。感想を書くのも恐ろしい笑。

小池さんの生い立ちから、学生時代、キャスターを経て、政界への道。。成功を掴み続ける小池劇場。著者の徹底した取材力はもちろんですが、引き込ませる文章力も凄い。小池さんの虚像に包まれた人格のインパクトが強烈で彼女のメディアで発信した言動、行動、笑顔。。すべてが恐怖に変わる。小池百合子自身の作り上げた「物語」の裏を描いた「物語」。。彼女を作り上げたのは彼女本人だけではない気もする。生い立ちから今まで、大きな力が作用して「女帝小池百合子」が誕生したのではないか?

最後まで止まらなかったです。戦慄が走りっぱなしです。一読するのもいいかもしれない。

来月は都知事選。参考までに読んでみました。