読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ハサミ男』 殊能 将之

 

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。

 

通称「ハサミ男」と呼ばれるサイコキラー。ターゲットにしていた被害者が何者かに殺害され、第一発見者となってしまう。。犯行の手口が「ハサミ男」と同じ。。。警察は「ハサミ男」を追う。。「ハサミ男」は真犯人を追う。。心理ミステリー小説。

「普通」とは?「普通」の人の殺意。。明確な理由(動機)が存在する。。世間はその動機に驚きながらも、、納得する。。「普通」じゃなかったのねと。。

ハサミ男」とは?普通に生活をする怪物。。こちらは震撼する。。普通の人々の暮らしの中に静かに控えめに存在する。。魅力的な要素があり、、心の中にスッと入り込む。。怖い。

怪物と真犯人がご対面した頃には、、止まらない。。最後まで、、ハサミ男に魅了されっぱなし。。

巧妙で複雑な展開でした。。でも、、このタイトル、、単純だよね。。ハサミで殺害するから、「ハサミ男」なんて。全てが緻密に描かれてるのに、、この単純性、、実はそこがね。。「普通」のわたしには、、やられた感がありました。

面白かったです。