みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『キネマの神様』 原田 マハ

 

キネマの神様 (文春文庫)

キネマの神様 (文春文庫)

 

 おすすめ 

 

内容(「BOOK」データベースより)

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。

 

ゴウちゃんの映画評論。ブログで起きた奇跡。潰れかけの名画座の支配人の粋な計らい。ひとりひとりの映画への想い。全てが素晴らしかった。片桐はいりのあとがきも面白い。映画好きの人はもちろんだが、それ以外の人でも楽しめる1冊です。凄いなと思ったのは映画の評論対決。ゴウちゃんは映画の良い部分を素直に。それに対しローズ(もう一人のブロガー)は辛口毒舌批評。映画に対して凄い情報量に圧倒された。確かに観たくなる。

誰でも夢中になって話したくなる程、好きなものはあるはず。私は今のところ、読書しかない。でも一つでもあるのは幸せな事かな。

DVDや動画配信で映画が観れるようになってからは、映画館に行く事が少なくなったな。

“キネマの神様”に会いに行きたい。