みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『落下する夕方』  江國 香織

 

落下する夕方 (角川文庫)

落下する夕方 (角川文庫)

 

 おすすめ 

 

内容(「BOOK」データベースより)

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。逃げることも、攻めることもできない寄妙な三角関係。そして愛しきることも、憎みきることもできないひとたち…。永遠に続く日常を温かで切ない感性が描いた、恋愛小説の新しい波。

 

しばらく放心状態になってしまった。物語は一言から始まり、最後の一言で終わる。鳥肌が立った。

梨果の失恋が突然訪れる。別れた男の新しい恋人との不思議な共同生活が突然始まる。誰もが心を奪われていってしまう華子。華子の自由奔放さに周りの人が振り回されていくのに、どうしても華子の事を憎む事が出来ない。彼女らしさで許される。理想的な女だわ。その裏では傷つけられている人達が多数存在している。じわじわと傷つけられながら、華子沼に沈んでいく。こういう人は現実にもいるんでしょうね。

華子と出会う人がみんな「彼女とは気が合う」と。肯定する華子はとても居心地の良さそうな女である。梨果は口数が少なく、空気みたいな存在で気にならない華子を早い段階で受け入れている。最初は華子の存在で元カレとのつながりがある事に幸せを感じている悲しい女でもあったが。。次第に華子の動向を気になり、華子の存在がないと寂しさを覚え、元カレとの距離感が少しずつ離れていく。

梨果が最後に本当の喪失感を味わい、失恋から再生に向けての長いお話。 

「大人と子供はどちらが幸せ?」華子は「子供が幸せ」だと。「いい気な大人は叱られるが、子供はいい気なもんでもかまわない」(これ実感してる)

 大人の世界でもがき苦しみながら、常に飄々と逃げ回る華子。儚く寂しげで魅力的な女に私もヤラれてしまったよ。まだ心の乱れてる。