みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『夜明けの街で』  東野 圭吾

 

夜明けの街で (角川文庫)

夜明けの街で (角川文庫)

 

 おすすめ ★☆☆☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。

 

男の人ってこういうものよ。。。って片づけちゃう?

もっと不倫男が無様になればいいのに。。って、、世の奥さまは思っちゃう?

この主人公がやけにかっこつけてるわね~って思いながら、、特に面白くないので失笑。