読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『青い炎』 貴志 祐介

 

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

 

完全犯罪には程遠い幼い犯罪。家族を守る為に決断した彼の決死の犯行。警察にじわじわ追い詰められる彼の心境がこちらまで苦しくなっていく。なんて孤独で健気で優しい犯罪者なんだろう。心からささやかな幸せをこの家族に与えてほしいと思った。そしてラストの彼の行動がまた切ない。純粋過ぎるというのも悲しいものだ。