みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『天使に見捨てられた夜』 桐野 夏生

 

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

失踪したAV女優・一色リナの捜索依頼を私立探偵・村野ミロに持ち込んだのは、フェミニズム系の出版社を経営する渡辺房江。ミロの父善三と親しい多和田弁護士を通じてだった。やがて明らかにされていくリナの暗い過去。都会の闇にうごめく欲望と野望を乾いた感性で描く、女流ハードボイルドの長篇力作。

 

女探偵・村野ミロシリーズ第2弾。『顔に降りかかる雨』で迷いながらも事件を解決をしていく不安定ミロからどの位、成長しているかと思うと。。。あまり変わらない。なるほど、こういうキャラか。いつも悩みを抱え、自信がなく、男にもあまり恵まれない。でもやはり今回も凄腕調査員・村野善三に助けられながらも調査を突き進んでいく。村野ミロシリーズは村野ミロストーリーなのだと思い知らされた。