みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『顔に降りかかる雨』  桐野 夏生

 

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

親友のノンフィクションライター宇佐川耀子が、一億円を持って消えた。大金を預けた成瀬時男は、暴力団上層部につながる暗い過去を持っている。あらぬ疑いを受けた私(村野ミロ)は、成瀬と協力して解明に乗り出す。二転三転する事件の真相は?女流ハードボイルド作家誕生の’93年度江戸川乱歩賞受賞作。

 

初期の作品で女探偵・村野ミロシリーズの第1作。ハードボイルドな印象のヒロインだが、いつも自信がなく、危なっかしく、男に弱い。どうも頼りない女。解決できるのかしら?とこちらが心配する程、自分が抱えているトラウマ(夫の自殺)に左右されっぱなし。ミロには凄腕調査員の村野善三(父)の血が流れているので、何とか事件解決する。非常に不安定な女探偵なので、少しイライラしながら読むかもしれません。