みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『黒い家』 貴志 祐介

 

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

 

 おすすめ ★☆

内容(「BOOK」データベースより)

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

 

夜中に読んでしまった事に後悔した本。若槻が調べれば調べるほど死が近づいていくようで、緊張する恐怖感は久しぶりだ。映画は観ていないが大竹しのぶが演じてると聞いただけで怖い。さんまが「昔、黒い家に住んでました」というギャグ。これは面白い。