みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『重力ピエロ』  伊坂 幸太郎

 

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

 

悲しい過去の事件がなければ、ほのぼの幸せ家族であっただろう。春は伊坂作品でとっても大人気のキャラ。私は親父の方が好きだが。どんなの子かと思ったら美少年で行動的で芸術にも長けて、みんなの事を誰よりも想ってる良い子だった。でもなんか入り込めないというか、最後まで馴染めなかった。