みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『さまよう刃』  東野 圭吾

 

さまよう刃

さまよう刃

 

 おすすめ ★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

 

犯行の描写がキツい。辛い。読み続けるのに苦しくなる。とても人間とは思えない少年グループの犯行。親だったら生きていけない。この父親の気持ちは十分にわかる。でもこれが正しいのかは読んだ後もわからない。少年法改正をもう一度、よく考えてほしい。