みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ブーリン家の姉妹』

おすすめ度 ★★★★☆

 

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソン共演の愛憎渦巻く歴史劇。新興貴族のトーマス・ブーリンは、長女・アンを国王であるヘンリー8世の愛人にしようと画策する。しかし国王が見初めたのは、すでに結婚していた次女のメアリーだった…。

 

ドロドロ愛憎劇大好きな人にはおすすめです。姉のアンは頭が良くて、容姿端麗で、策略家な“わかりやすい悪”、妹のメアリーは純粋で健気で家族想いの“わかりやすい善”という相反する姉妹。アンの略奪計画はすごい徹底してます。情があったらあんな事できないです。妹が出産したばっかりのタイミングで男を落とすとは信念がなきゃできません。それにしてもナタリー・ポートマンが綺麗だぁ。でもメアリー役のスカーレット・ヨハンソンのファンな私は、ナタリーもうやめて~って思いで観てました。それにしても子供を金の道具にしか思わない大人達や愛人バトルを繰り広げるこの優雅な世界。美しいけど恐ろしい。