みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『12歳の文学 第三集』

12歳の文学 第三集

12歳の文学 第三集

 おすすめ度 ★★★★☆

 

内容紹介

第三回にしてついに驚異の才能が出現!あさのあつこ西原理恵子らが選んだ“小学生が書いた珠玉の小説”。「12歳の文学賞」受賞作9作品を収録

 

レベル高すぎ!です。びっくりしました。読んでるといつのまにか小学生が書いたという事を忘れてしまいそうになるほどしっかりとした物語です。想像力が柔軟な時期なのか、才能なのか、全部おもしろかったです。その中の一人の男の子の“将来の夢が「会社員」。小説は趣味で・・・”と書かれていて笑いました。いつか小説家として世に出てくるかもしれませんね。楽しみです。