みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『悪意』 東野 圭吾

 

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

 

 おすすめ 

 

内容紹介

人気作家が仕事場で絞殺された。第一発見者はその妻と昔からの友人。逮捕された犯人が決して語らない動機にはたして「悪意」は存在するのか。 

 

久しぶりに読んでよかったと心から思えた一冊。なぜ殺したのか?その動機を追及していく話。犯人はすぐ逮捕される。しかし加賀がどうしても感じる違和感を調べ上げていく。そこにタイトル通りの動機が存在した。最高のミステリーでした。