みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『月の上の観覧車』  荻原 浩

月の上の観覧車

月の上の観覧車

 

おすすめ ★★★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

 守れるはずもないことを、いくつ約束したのだろう。逃げ出した故郷、家族に押しつけた身勝手な夢。いつだってその残酷さに、気付かぬわけでは決してなかった―。月光の差し込む観覧車の中で、愛する人々と束の間の再会を遂げる男を描いた表題作ほか、繰り返せない時間の哀歓を描く著者最高の傑作短篇

 

理想と現実は違う・・・人は少なからず過去に後悔していることはあると思う。平々凡々な私にだって後悔し、やり直したい時もある。でも過去に戻ることはないから、小さな希望を持ちながら、今日を生きていかないと。。。と思わせる本です。