みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ジーンワルツ』   海堂 尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)

ジーン・ワルツ (新潮文庫)

おすすめ度 ★★★★☆

 

桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

 

 産婦人科の全ての問題が凝縮された1冊なのではないでしょうか?少子化対策の政治家さんはぜひ読んでほしいですね。この本を読んで私は3回奇跡を生んだんだと思わせてくれたとてもいい本でした。