みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『オーデュボンの祈り』  伊坂 幸太郎

 

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

 おすすめ ★

 

内容(「BOOK」データベースより)

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。
 
完成度に感動した。伊坂作品を読み始めて何冊目かでこの作品を読みました。これでデビュー作?すごい。この作品を一番最初に読んでたら、その後の伊坂作品に満足言ってたかどうかわからない位、すごく面白かった。古い異国のような荻島の世界観、登場人物の個性豊かさ、未来が見えるカカシの殺された最大の謎、全てが興味深く、読めば読む程、先が気になるが、このまま終わらないでほしいと思う不思議な感覚になりました。辻褄合わせがお上手と言えばそれまでだが、そこまでに至るまでの展開が面白いという事と、私も当時プログラマーの仕事をしていたので、主人公(元プログラマー)の紐解き方がとてもエンジニア的思考で面白かったという点でかなり高評価になりました。