みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『フィンセント・ファン ・ゴッホの思い出』 ヨー・ファン・ゴッホ・ボンゲル

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

美術史上の巨匠を同時代の人物が描く、ハンディにして骨太の伝記シリーズ刊行開始。 第1作は、『ひまわり』など多くの傑作と数々の伝説を残した孤高の天才画家ファン・ゴッホ。 彼の画業と生活を支えた弟、画商テオの妻であるヨーが、義兄フィンセントのあまりにも人間的な生涯を描く。 『ひまわり』『自画像』『タンギー爺さん』など、代表作をオールカラーで多数掲載。

【感想】

数ヶ月かけて、絵を鑑賞しながら、じっくり読みました。

ゴッホの母・アンナはテオドルス・ファン・ゴッホと結婚し、幸せな生活を送ります。アンナは素晴らしい愛嬌を備え、愛情深い女性で夫、三人の息子に先立たれても、活力、気力を失うことなく、悲しみに耐え抜き、87歳まで健康的に送ることができたのです...強い!6人の子供に恵まれ、深い愛情を注ぎ、育て上げます。子供の頃から、気難しく、わがままなフィンセントには長男だからと甘やかしてしまうのです。。成長したフィンセントは感受性が過敏になり、職業を変えてもありあまる熱意が周囲には理解されず、扱いにくい人間となっていきます。父は諦め、母は嘆きながらもフィンセントの安穏を願い、力を尽くすも、親心子知らずなフィンセントは両親に怒りをぶつけてしまうのです。。母親の気持ちを考えると心苦しい。画家として生きる事に消極的なフィンセントと、兄の才能に誇りを持つ弟・テオ。テオの献身的な思いがフィンセントの生活を支えるのですが、関わり合う人たち全てに受け入れてもらえない兄を売り込むのがとても困難で、苦境に立たされる。フィンセントは才能があり、洗練され、優しく、穏やかであるが、利己的で情のかけらもなくなり、争いになってしまう。異なる二つの人格にフィンセント自身もでしょうが、テオや家族も翻弄されてしまうのです。苦悩、苦境、悲痛、悲観...壮絶な人生を歩むフィンセント。精神崩壊してしまうきっかけとなる失恋💔。想いを寄せる女性に告白し、婚約者がいると断られるが、婚約解消させようとあらゆる手を尽くす熱意...少々唖然。失敗に終わって安堵。。このありあまる情熱が創作意欲を突き動かしているのです。関わるには覚悟が必要なフィンセント。自死後、弟のテオも兄の元へ..。二人は麦畑に囲まれた小さな墓地に並んで眠るヽ(;▽;)ホロリ。

テオの妻・ヨーは生前、評価されなかったゴッホの作品と兄弟で交わした膨大な手紙のやりとりを不屈な精神で世に広めます。深い絆の兄弟と義妹の功績のおかげで波乱に満ちたゴッホの生涯と磁力の強さに惹きつけられてしまう作品の数々に触れる事ができたと思うと、、感慨深い一冊でした。