みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『芙蓉千里』 須賀 しのぶ

 

おすすめ ★★★★★

【内容紹介】

「大陸一の売れっ子女郎になる」夢を抱いて哈爾濱にやってきた少女フミ。妓楼・酔芙蓉の下働きとなった彼女は、天性の愛嬌と舞の才能を買われ、芸妓の道を歩むことになった。夢を共有する美少女タエ、妖艶な千代や薄幸の蘭花ら各々の業を抱えた姉女郎達、そして運命の男・大陸浪人の山村と華族出身の実業家黒谷…煌めく星々のような出会いは、彼女を何処へ導くのか!?…女が惚れ、男は眩む、大河女子道小説ここに開幕。

【感想】

舞台はハルビン。日露戦争後の様々な人種が行き交う国際都市。女衒に売られて日本から中国大陸へやってきた辻芸人あがりのフミ。一緒に売られたタエと共にハルビンの遊郭「酔芙蓉」で働くことになる。女郎で大陸一を目指すフミ。芸妓に夢見るタエ。宴席で舞を披露したフミは芸妓として頭角を現し、芸妓の道に。美しさに磨きがかかるタエは女郎の道に。皮肉にも夢とは真逆の道に向かう二人。フミとタエの魅力がとても良い。エネルギッシュで明るく快活なフミ。過酷な幼少期を送ったフミの物怖じしない力強さがかっこいい。一方泣き虫で、頼りなげなおっとりとしたタエ。花開くタエの美しさと逞しさには魅了される。お互いにない魅力に嫉妬しながら、尊重し合う関係性も素敵。姉女郎たちも魅力的で、「遊郭は女の地獄」「女郎にとって、恋は地獄」と、嫉妬と野望が渦巻く地獄で生きる女性たち。泥沼化するのではなく、個々に凛とした誇りを持ち、高めあっている様子が好ましい。お千代姉さんの哀切な生き方に涙した。。女郎の誇りと悲しい恋心。。かっこいいけど切なすぎる。恋には揺るがず現実を生きる男性たちも、かっこいい。危険な香りがする山村さんと華族出身の黒谷さん。。フミの恋もキュンと切ない。

時代背景もわかりやすく歴史が苦手なわたしでも、時代の流れが頭に入る。様々な人種、職種、階級などあらゆる人々が絡む国際事情など、須賀さんの描き方が素晴らしい。国際情勢に伴い、揺れ動く酔芙蓉。翻弄されつつも力強く生きる女性たち...少しだけ女度を上げてもらった気がする笑。続きも楽しみです❣️

 

文庫本には、タエの恋物語が収録されてます。タエに恋する男のヤキモキ感。女郎の恋は地獄..タエの葛藤。。二人の恋の行方は...💕