みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『佐渡の三人』 長嶋 有

 

佐渡の三人 (講談社文庫)

佐渡の三人 (講談社文庫)

  • 作者:長嶋 有
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 文庫
 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

物書きの「私」は、ひきこもりの弟、古道具屋の父とともに佐渡への旅に出る。目的は、祖父母の隣家に住む「おばちゃん」の骨を、郷里の墓に納骨すること。ところが、骨壷をユニクロの袋に入れて運ぶくらい儀礼に構わぬ一族のこと、旅は最初から迷走気味で…。ちょっとズレた家族をしみじみ描いた快作。

【感想】

作家をしている道子が親戚を亡くし、佐渡へ納骨をしに行く連作短編集。

納骨や戒名や介護やお通夜...しめやかになりがちなテーマですが、道子の独特な視点や軽やかな文体でコミカルに描かれています。飄々とした親戚たちのゆるゆるっとした関係性や、道子を「先生」と呼ぶひきこもりの弟との会話のズレがなんとも可笑しい。納骨料を渡すタイミングや、戒名の付け方やお値段、親戚との微妙な空気とか...不明瞭で曖昧な事を流れで済ましてしまうこともわかる。。道子が思う将来への不安...遺された者たちも老いる現実。納骨へ行く度に疲れを知る身体...いつかは納骨される側に...。最後の「旅人」で佐渡の美しい星空の下で交わされる姉弟の会話。身内の事に気を揉みながら、ずっと生きていくんだなぁと...少しだけしみじみ。。読み終われば、佐渡の魅力に引き込まれていた。元気なうちに佐渡に飛んで行きたい。いやいやジェットフォイルに乗って行きたいなぁ🛳💨(←気になって、動画を見ました笑)