みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『ありふれた祈り』 村山 由佳

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

再会を果たした勝利とかれんは――。
秀人とともに日本に一時帰国した勝利のもとに、かれんが現れる。 互いに想いながら、ぎくしゃくしたやり取りしかできない二人。――私たち、もうダメなの?
試練と波乱の恋の結末は!?
累計545万部突破(発行時時点)のシリーズ、最終巻。堂々の完結!!

【感想】

【4504/10000】

『ありふれた祈り おいしいコーヒーのいれ方 Second Season ⅠX』 村山 由佳

シリーズを読み始めて20年以上経ち、ついに完結。当時は年上だったかれんをあっという間に追い越し、今ではかれんの母寄り?笑。時間の経過をとても感じます。

First Seasonは5つ年上のいとこ(血の繋がらない)のかれんに恋をする高校生の勝利。社会人のかれんに追いつきたいと焦る勝利と恋に奥手、鈍感なかれんの純愛物語でした。

Second Seasonはついに、ようやく結ばれた二人の幸せな時間が流れる。。(以前よりも冷静な気持ちで見てしまう)。。そんな幸せな二人に悲しい出来事が起こる。甘酸っぱい恋愛話が罪悪感、贖罪、重責とグッと重みのある物語に。大きな壁を乗り越え、成長する二人(特に勝利)の物語。

涙が溢れたのは、勝利の元バイト先『風見鶏』に訪れる場面。悲劇が起きてから、初めて訪れる勝利。横断歩道を渡れず、動けないまま、どうにか重い足を引きずり、よろめきながらたどり着き、渡り終えた勢いで、ドアへ手を伸ばす。勝利の葛藤が心握りつぶされそうになるくらい苦しかった。ようやくドアに手を伸ばした瞬間、この瞬間‼︎涙が怒涛のように流れた。緊張から解き放されたような、さらに覆いかぶさる緊張に潰されそうな、体内から震えて、呼吸が乱れてしまった。。些細な場面なんだけど、なんか揺さぶられたわ。おかげで、店内に入るまで一旦本を閉じました。

シリーズ通して、一番好きな風見鶏のマスターが最後までかっこよかった💕惚れ直した💕

エピローグでもじわっと涙が...終わるのか...とゆっくりゆっくり読みました。

26年間、書き続けてくれた村山さんに感謝です。「ありふれた」ことが一番幸せなんだなぁと、今だからこそ、より一層強く思います。

 

シリーズ全巻の感想はこちら↓

『おいしいコーヒーのいれ方Secand Season』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・