みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『透明な夜の香り』千早 茜

 

透明な夜の香り

透明な夜の香り

  • 作者:千早 茜
  • 発売日: 2020/04/03
  • メディア: 単行本
 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

香りは、永遠に記憶される。きみの命が終わるまで。

元・書店員の一香(いちか)がはじめた新しいアルバイトは、古い洋館の家事手伝い。 その洋館では、調香師の小川朔が、オーダーメイドで客の望む「香り」を作る仕事をしていた。人並み外れた嗅覚を持つ朔のもとには、誰にも言えない秘密を抱えた女性や、失踪した娘の手がかりを求める親など、事情を抱えた依頼人が次々訪れる。一香は朔の近くにいるうちに、彼の天才であるがゆえの「孤独」に気づきはじめていた――。
「香り」にまつわる新たな知覚の扉が開く、ドラマティックな長編小説。

【感想】

高台にある森に囲まれた古い洋館。様々な植物が生育する庭園。人を寄せ付けない謎多き天才調香師・小川朔。心に傷を負い、秘密を抱える家政婦・若宮一香。仕事の仲介役兼探偵・新城(柄が悪いけど、朔の理解者。結構好き)。庭園管理人・源さん。洋館に訪れる事情を抱えた一筋縄ではいかない依頼人たち。。うわぁ〜非現実的な世界〜こういうの大好き💕

朔は嗅覚が鋭く、あらゆる匂いを記憶し、全てを読み取り(人の体臭から病気、年齢、感情、生還習慣、嘘までも見破ってしまうほど)人間の裏側を嗅覚で感じ取ってしまう。依頼される香りも様々。幸せな香りもあれば、危険な香りも。。お互いの孤独を感じ取る朔と一香の二人の関係も...気になる...が、朔の声がとっても気になる。。一香曰く「深い紺色の声」..どんな声だろ?想像しながら読んでみた。。午後の陽だまりの中、深みのある穏やかな紺色の声で香料の蘊蓄話...聞いてみたい。

想像を掻き立てる香りの数々。。
ハーブやスパイスを使ったお料理やお茶も美味しそう。嗅覚が鋭くなっていきそう(一香も鋭くなってた)
恐ろしく上品な香り。嗅いでしまったら後戻りができない最高級のイリスの香り。。欲しい。

彼の色に染まるのではなく、彼の好みの匂いに染められていく。。\(//∇//)\キャーって頭の中で蝶が飛んでる気分になりましたが、香りが永遠に記憶され、人の心の香りを感じ取ってしまうのは苦しみが募ると思う。。繊細で傷つきやすい朔の心の変化や朔を受け止める優しい人々に救われます。ラストは素敵な香りを残してくれました🌹