みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『凍える月』 村山 由佳

 

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (集英社文庫)

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (集英社文庫)

  • 作者:村山 由佳
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/06/28
  • メディア: 文庫
 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

僕はいったい、どんなことでなら頑張れるんだろう…。勝利は本格的な就職活動の時期を迎えるが、自分が何をやりたいのかがわからず、漠然とした将来への不安を覚える。そして、いま、大きな困難に直面しているかれん。仕事のこと、おばあちゃんのこと、悩みながらも精一杯お年寄りの世話をする日々。責任とは、社会的立場とは…、大人への転換期に戸惑う勝利。セカンドシーズン第4弾。

【感想】

前巻は勝利の大家さん一家の話でかれんが最後に登場。。星野さんとのご対面でどうなることやらと思ったら、、かれんにはもっと大きな悩みがあった。かれんのお仕事事情。。仕事はいつでも順風満帆ではない。波乱は突然やってくる。。かれんの人生でまた大きな動きがある予感。。2人の悩みが大人の悩みに変わってきた。。今回はかれんの抱える悩みとそれを支える勝利の大人的対応と星野さんの勝利から一歩踏み出した成長。。マスターも丈もみんながいい感じに包容力を漂わせ、あったかい空気。。それにしてもかれん、幸せだなぁ。ショーリの愛の深さを更に感じる。。いいなぁ。。と、ほんわか気分が一転?のラスト...なんか不穏な展開になりそう。ザワザワ。やめてよ。