みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』

バスキア展に行ってきました。

f:id:mi2_co2_rin33:20191116140933j:image

ニューヨーク生まれで落書きアートが注目され、27歳という若さで亡くなったジャン=ミシェル・バスキア。力強くて強烈で刺激が強くて、最初はそのパワーに圧倒され、少し混乱をしましたが、彼の世界観に溶け込み始めてからは、刺激を求める自分がいました。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116140954j:image

ZOZOタウンの前澤さんが123億円で落札した絵。ものすごく強烈。この絵を観てるとパワーが漲る...もしくは奪われる?かも。

 

パワフルで奇抜な作品が並ぶ中、半分のバナナの絵の下に「half eaten」って書いてあったり、一本足の絵の横には「FEET」って書いてあったり、そんな言葉を見るたびにわたしの萌え所なのか、うわぁ〜可愛い〜💕とすごくキュン💕としてしまう。。言葉をとっても大切にしているのが彼の創作ノートからも伝わり、一瞬一瞬のひらめき、直感が彼のメッセージとして、強烈に発信されてました。

撮影可能作品の一覧をどうぞ↓

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141044j:image

「自画像」

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141204j:image

「オニオンガム」

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141229j:image

「ナポレオン」
100万円とナポレオンってどんな意味があるんだろ?意味にこだわらず、感性で楽しむ。自由だぁ。

日本に来日していたバスキアは寺院やYEN、鉄人28号のようなアニメの絵など、日本に興味を抱いていたような作品も数々展示されていました。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141313j:image

「メイドインジャパン」
機械人間のような人たち。日本人のこと?なのかな?脳が複雑化されていそう。AIの未来が見えたのかな?

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141358j:image

「消防士」
火を消したいけど、、ワケありな二人がいるから、出るに出られず、困ってる消防士さん?なわけない?と、ユニークな発想して遊んでみたりと、脳内が加速し始めます。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141604j:image

「プラスティックのサックス」
このような貼り絵のような作品。写真や絵のコラージュ作品もありました。とてもかっこよかった!日本語の文字もかわいい💕

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141644j:image

「炭素/酸素」
この破壊力にはびっくり。ビルからニョキッと顔が出てる。。左側に化学式が書かれていて、未来の地球が破壊されていくようで、怖かった。。

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141727j:image

「フーイー」
この絵から、何かを読み取れますか?
わたしは、、「わからない」だった。。わからなくても惹き込ませる才能って、すごいね。

 

f:id:mi2_co2_rin33:20191116141753j:image

1986年の作品「無題」
浦沢直樹さんの『BillyBat』を思い浮かべた。
壁一面の超大作。。はぁ..とため息しか出ない。

 

振り返ると圧倒的なパワーで狂気な世界でもあった。現代アートは刺激があって、脳が活性化する〜。