みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画、絵画鑑賞の感想を書いてます。

『おいしいコーヒーのいれ方 ファーストシーズン』 村山 由佳

 

おいしいコーヒーのいれ方 第1部 文庫版 10巻完結セット (集英社文庫)

おいしいコーヒーのいれ方 第1部 文庫版 10巻完結セット (集英社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

【内容紹介】

高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利(かつとし)。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。

 

【感想】

「おいコーシリーズ」のセカンドシーズンを読むためにファーストシーズンを10年ぶりに再読しました。
恋愛(かれん)で頭の中がいっぱいの純真な勝利。。家族のこと、将来のこと、ショーリ(かれんだけの呼び名)のことに悩みながら独り立ちをするかれん。。学生と社会人の5歳差って大きい。。二人をこじらせる恋のライバル。。家族の事。。恋する二人の甘い世界。。もどかしくてじれったい二人の恋にドキドキ💓キュンキュン💓とハマっていくわけです。。こじれるふたりを見守るショーリのバイト先・風見鶏のマスターと恋人・由里子や二人を応援するかれんの弟・丈(一番女心がわかる中学生笑)の相手を思いやる言葉の数々が好き。。以前も思ったけど、今回もまた思うこと。。ショーリの嫉妬心や想いが強すぎて、、怖い。。いや若い。。かれんが苦労するのが手に取るようにわかる。。かれんもほっとけない魔性の女度が高くて、ショーリの焦りや心配が増長しそう。。とは言っても、セカンドシーズンもめちゃ楽しみ〜💕

 

過去の感想はコチラ↓

『キスまでの距離』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『僕らの夏』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『彼女の朝』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『雪の降る音』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『緑の午後』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『遠い背中』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『坂の途中』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『優しい秘密』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『聞きたい言葉』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・

『夢のあとさき』 村山 由佳 - みみの無趣味な故に・・・