みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『罪の余白』 芦沢 央

 

罪の余白 (角川文庫)

罪の余白 (角川文庫)

 

おすすめ ★★☆☆☆

【内容紹介】

高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。。

 

読みやすい。。あっさりしてる。。強烈キャラの小沢早苗さん。。パッとしない登場人物たちの中で、ものすごく浮いてて気になる。。人の感情が読み取れず、他人の嘘が見抜けず、冗談も通じない。助教授となり出世コースを歩む研究熱心なクールビューティ。。彼女の話を読んでみたいなぁ。。

小中学生だったらありえそうな展開だったけど、高校生にしては幼さが目立つことと、父親の行動が無理解すぎて、うまく楽しめなかった。。小沢さんの存在が強すぎて、内容の印象が残らないような...笑。