みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『傑作はまだ』 瀬尾 まいこ

 

傑作はまだ

傑作はまだ

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

「実の父親に言うのはおかしいけど、やっぱりはじめましてで、いいんだよね?」
引きこもり作家・加賀野の元へ生まれてから一度も会ったことのない25歳の息子・智が突然訪ねてきた。月十万円の養育費を振込むと、息子の写真が一枚届く。それが唯一の関わりだった二人。初対面の息子との共同生活が始まり、、孤独慣れしていた加賀野に変化が...。

 

【感想】

本屋大賞の『そしてバトンは渡された』は読んでません。。初読作家さんです。。とても読みやすかったです。。

小説家・加賀野さんは売れっ子作家さんだけど想像力が乏しく、世間知らず、情が薄く、人との付き合いに欠落あり。。でも感受性は高そう。。息子との生活で一気に世界が広がる。。息子が持ち帰ってくるコンビニの人気商品に感動したり、息子と参加する自治会の子供祭りで出会ったご近所さんと不器用ながら、交流し始めたり。。あまりいい印象ではなかった加賀野さんが憎めなくなってきた。。いくら女性が一人で育てるとはいえ、、一度も会いに行かずに無関心でいるのって冷たいなぁという印象だったので。。

読み進めると、孤独の怖さを感じられた。。引きこもると人間関係で傷つく事はない。。自分の価値観だけで生きることができる。。ストレスも減少される。。でも、、人の優しさに触れて思いやる感情を持つこともできず、人に傷つけられて強さを知ることもできず、お店に並ぶお菓子の新商品に心弾んだり、季節の移り変わりの自然を感じることも知らずに生きること。。この事に気づけない怖さ。。それを息子くんから気づかせてもらった父は幸せだったと思う。。明るいお話でした。。加賀野さんの描く小説(中村文則さん風?)とは違って笑。。