みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『東京』 林 真理子

 

([は]1-2)東京 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

([は]1-2)東京 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

豪壮な邸宅が並ぶ高級住宅街の一軒家に下宿をすることになった健と真由美。家の一階に住む政代は、一見きさくな性格の裏に、東京に住む上流階級の人間特有の驕慢さが次第に明らかになっていく…。煌びやかな「東京」に息づくリアルな人間模様を切り取った傑作短編集。

地方出身の女性が東京に憧れ、上京する短編集。

【感想】

地方出身者の東京の憧れとコンプレックスの間に渦巻く心理が東京出身者への偏見に変わり、苦しそう。。時代背景がバブル期だからだと思うけど、高級志向で、高級住宅街や一等地へ住むこだわりが強く、東京の男性と結婚すれば真の東京人になれるという都市伝説?みたいな話にやや苦笑する。。東京に暮らす女性も優越感が滲み出てて、意地悪に描かれてる。。だからこそ、面白いのだろうけど、、共感するかというと、あまり共感できず、勝負のつかない不思議な女の闘いは怖いなぁと感じました。。東京出身ですが、都心に出ればおしゃれな街並みに気持ちは上がるし、高級店に入る時は緊張しないわけでもないし...。東京の事、、そんなによくわかってないです。。😅