みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『幻夏』 太田 愛

 

幻夏 (角川文庫)

幻夏 (角川文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。奇妙な印を残して…。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う意欲作。

 

【感想】 (注:ネタバレ、、思いっきりします)

「冤罪」という罪深いテーマ。

警察、検察、司法の理不尽な判断に歪められた家族の人生。。「叩き割り」という執拗な取り調べで自白を強要された夫。。身重の妻も刑事からあらぬ嘘を吹き込まれ、夫と離婚をし、幼い子供を母一人で育てる決意。。「人殺しの家族」と後ろ指さされ、住居を転々とする生活。。長男・尚、12歳の夏。相馬少年と出会い、弟の拓と3人で仲良く夏を過ごす。。夏の終わり...尚が忽然と消える。。(尚の行方は当然気になる。。拓が心配。。)

 

大人になり刑事となった相馬は少女失踪事件の現場で23年前に親友が消えた場所に残された同じ印を発見。。鮮明に焼きつく夏のひと時が蘇る。一方、鑓水(興信所所長になってた。修司は調査員)は「23年前にいなくなった子供を探して欲しい」と母親から依頼される。。明らかにされる司法の実態と冤罪家族の運命が...(ひどい。。罪を裁く側の正義も、、冤罪家族への罪の意識も、、全くない。。)

全ては冤罪に巻き込まれた事が4人の家族の歯車を狂わせた。。冤罪で殺人犯にされた父。。信じる事が出来ず見放した母。。母と弟を守るために闘った末、復讐に走る兄。。心を壊し、狂った弟。。(残酷な展開に悲痛の連続。。何度か閉じた。。どの立場も辛すぎる。。尚の背負うものは大きすぎて、、せめて救い出してほしい。。泣泣。。)

 

「あいつらは何だってできるんだ。一度疑われたら、やっていようがいまいが、どうあっても犯人にされてしまうんだ」

最期の父の言葉。。この言葉の重みは尚にとって、辛すぎる。。正しさが歪み始めた瞬間。。

読んでて切なすぎるなぁ。。予想超えの切なさだったぁ。。

表紙の眩しさと少年の後ろ姿。。大きな決意を感じられるけど、背負うものが重すぎる。。輝きを放つ終章...哀しみ溢れる。。

タイトル、伏線回収の巧みさ、ラストの哀愁。。ストーリーの完成度はすごいですね...。

ずっしりと重みを残す作品でした。。ずっしり。。(本音は...子供に責任負い過ぎじゃないかなぁ...。)