みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『永遠。』 村山 由佳

 

永遠。 (講談社文庫)

永遠。 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

生きることに無器用なひとなのね、それが私にはいとしかった――葉月さんは亡くなる前、娘の弥生と幼なじみの僕に話してくれた。かつて別れた恋人のことを。弥生はその男の向かいの部屋に住み、彼の講義を聴きに短大に通った。「お父さん」と、一度も告げられずに。卒業式の日、僕は弥生の帰りを待つ――。

 

【感想】

ずいぶん前に読んだ作品。読んでいくうちに懐かしさがこみ上げてくる。。

短い物語の中で、切なさがぎゅっと詰め込まれて、親子の繋がりや幼なじみの二人の淡い関係が、、村山ワールド全開で良かったぁ。

 

村山さんのあとがきで、『星々の舟』の出版が遅れた骨折事件が書かれてた。。面白かった(*≧∀≦*)。。。と言っていいのかな?笑。

あと思い出したのが、この本は内山理名主演『卒業』という映画のコラボ本。。夏川結衣さん(弥生の父の現在の恋人役)が好きで観た事があるの。。でも、この映画の内容は全く覚えてなかった( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ