みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『天上の飲み物』 三浦 しをん

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容】
後藤次郎は酒屋の二階に下宿する大学生21歳。実は世を忍ぶ仮の姿であり、400年以上生きている不老不死の吸血鬼。。人間に恋をしても報われない恋に一人傷つくが、何度も恋をしてしまう。。ワインの魅力に取り憑かれ、お気に入りの日本のワインと近所に住む恋人の宮村有美とのひとときを楽しみとして生きる。。決して打ち明けられない秘密を抱える次郎の、ユーモラスでちょっとせつない恋物語

 

【感想】
吸血鬼の悩みに比べたら、人間の悩みはくだらない?人間の女性に恋をしてしまう吸血鬼の悩みは尽きない。。

「終わりがあるからこそ美しい。」

 

20分程度で読めるとっても短いお話でした。