みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『ランチのアッコちゃん』 柚木 麻子

 

ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

ランチのアッコちゃん (双葉文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

地味な派遣社員の三智子は彼氏にフラれて落ち込み、食欲もなかった。そこへ雲の上の存在である黒川敦子部長、通称“アッコさん”から声がかかる。「一週間、ランチを取り替えっこしましょう」。気乗りがしない三智子だったが、アッコさんの不思議なランチコースを巡るうち、少しずつ変わっていく自分に気づく(表題作)。読むほどに心が弾んでくる魔法の四編。読むとどんどん元気が出るスペシャルビタミン小説!

 

【感想】

自分には気づきにくいことを人から自然と気づかされること。。日々の豊かさを学ぶ三智子。。アッコちゃんのような上司がいたらいいなぁ。。ギュッと美味しい話がたくさん詰まった爽やかな本でした。

「食べることは生きること」食は体も心も育てるのね。。

ナチスの重々しい本の合間に読んでたビタミン本。。他のアッコちゃんにも会いに行こう❣️