みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『森の家』 千早 茜

 

森の家 (講談社文庫)

森の家 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★☆☆☆

【内容紹介】

互いのことに深く干渉しない。その暗黙のルールは気ままな私が作っているのではなく、佐藤さんの微笑みが作っている―。30過ぎの美里と、ひと回り歳上の恋人・佐藤さん、その息子で大学生のまりも君。緑に囲まれた家で“寄せ集めの家族”がいとなむ居心地いい暮らしは、佐藤さんの突然の失踪で破られる。それは14年前の、ある約束のためだった…。繋ぎとめるための言葉なんていらない。さみしさを共有できたら、それでいい。泉鏡花文学賞受賞作家が描く奇妙でいとしい「家族」のかたち。

 

【感想】

こちら、お友達から「これ、あまり面白くないの」と一言添えられてもらった本。

読んだら、ほんとに面白くはなかった。正直な友達。笑える。

 

突然の佐藤さんの失踪から、みりは激しく、まりも君は静かに崩壊していく。みり、まりも君、佐藤さんの視点で話は進む。

読み進めるごとに、欠落、歪みが増していき、、話は短いのに、長く感じる。。

みりの章で苛立ちとさみしさに不穏が漂い、まりも君の章で虚無感が募り、不安の重さがのしかかり、佐藤さんの章で鬱蒼さが増していき、暗くて出口の見えない森の中を彷徨ってる気持ちになり、、心暗くなっていく。。 ページをめくるたびに気が重くなっていき、救いようのない話についていく事がやっと。。血の繋がりに怯え、人との関わり方、距離感がわからない3人。3人のさみしさを埋めるために必死に佐藤さんを探すみりのどんなかたちでも家族でいたいと強く願う気持ち。3人が暗い森から解放されるのかと思うと、小さなため息が漏れました。。疲れた。