みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『エデン』 近藤 史恵

 

エデン (新潮文庫)

エデン (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

あれから三年―。白石誓は唯一の日本人選手として世界最高峰の舞台、ツール・ド・フランスに挑む。しかし、スポンサー獲得をめぐる駆け引きで監督と対立。競合チームの若きエースにまつわる黒い噂には動揺を隠せない。そして、友情が新たな惨劇を招く…。目指すゴールは「楽園」なのか?前作『サクリファイス』を上回る興奮と感動、熱い想いが疾走する3000kmの人間ドラマ。

 

【感想】

サイクルロードレースの世界最高峰・ツール・ド・フランスに挑む白石誓(チカ)
憧れの舞台で言葉の壁、監督との確執、不穏な疑惑騒動、友情の亀裂。。波乱の中、過酷なレースを走り続ける。

平坦、海沿い、山岳。どのコースも天候、風や空気抵抗、運などに左右されるレース展開。。気を抜けば落車。。緻密な計算と戦略、チームワーク、体力温存、時間の駆け引き。。圧倒される。
山岳でのライバルエースとの攻防に心高まる。。葛藤。。決断。。羨望と嫉妬が心地よく入り混じる清々しさ。。「選手たちはライバルでもあるが、一緒に走りきる仲間」。。謙虚で生真面目なチカの競技にかける熱い想い。。チカ、かっこいい。
読んでるだけなのに、駆け抜けた気持ちになり、またまた満足🚵🏻‍♂️💨