みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『日日是好日』 森下 典子

 

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★★★

 

【内容紹介】

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

 

【感想】
お茶の時間の、のんびりとした隙間時間を埋めてくれた本。
季節の移ろいを五感で味わうこと。頑張らなくちゃダメという自分の無価値の不安への和らぎ。一期一会とは。。
一日を丁寧に生きることの大切さと瞬間の気づきと学び。。茶道を通して生き方を教えてくれた先生との出会い。

 

映画の公開前に読みたくて、手にした本。登場人物も俳優さんの顔を思い描きながら、読んでました。
脳内では先生のお言葉が樹木希林さんから放たれるので、とても心弾む読書でした。ひとつひとつが心に沁み渡り、温まる中、希林さんの訃報を知り、、とても寂しい気持ちが広がりました。先生が更に希林さんに重なり、、心がじんわり、時折ズキズキと遅読になっていく。

 

ようやく読み終わり、
悪い日なんてないんだぁ。。「日日是好日
毎日、素敵な瞬間に気づいていきたい。そう思えるエッセイ本でした。