みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『我が心の底の光』 貫井 徳郎

 

我が心の底の光 (双葉文庫)

我が心の底の光 (双葉文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【内容紹介】

母は死に、父は人を殺した―。五歳で伯父夫婦に引き取られた峰岸晄は、中華料理店を手伝いながら豊かさとは無縁の少年時代を過ごしていた。心に鍵をかけ、他者との接触を拒み続ける晄を待ち受けていたのは、学校での陰湿ないじめ。だが唯一、同級生の木下怜菜だけは救いの手を差し伸べようとする。数年後、社会に出た晄は、まったき孤独の中で遂にある計画を実行へと移していく。生きることに強い執着を抱きながらも、普通の人生を捨てた晄。その真っ暗な心の底に差す一筋の光とは!?衝撃のラストが心を抉る傑作長編。

 

【感想】

母から受けたネグレクト、父は人殺し。。5歳の晄が生死を境に見た光。。その光だけに捧げた人生。。人への淡白な感情と底にある根深い感情。。闇の深さが伺える。。幼少の壮絶な体験といじめ、将来への悲観、社会に出てからの孤独な闘いがとても辛い。。救われてほしい気持ちと救われない気持ちが入り混じる中の、、終盤。。強引な展開に残念な気持ちが広がっていく。。幼馴染との再会が強引すぎる。。ヤクザとの絡み、救出劇も無理があり、首をかしげる。。

ラストの晄の一筋の光が見えた時、とても切なさが込み上げてきた。。幼少に見た光の鮮明さにその後の光(幼馴染や友達)は霞んでしまっていたのかと思うと絶望感で、、読後、打ちのめされます。。

題材は重いけど、、一気読みをさせる力は、、素直にすごいと思います。。