みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『真夜中の五分前』 本多 孝好

 

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

少し遅れた時計を好んで使った恋人が、六年前に死んだ。いま、小さな広告代理店に勤める僕の時間は、あの日からずっと五分ズレたままだ。そんな僕の前に突然現れた、一卵性双生児のかすみ。彼女が秘密の恋を打ち明けたとき、現実は思いもよらぬ世界へ僕を押しやった。洒落た語りも魅力的な、side‐Aから始まる新感覚の恋愛小説。

 

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉 (新潮文庫)

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐B〉 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★☆☆☆

【内容紹介】

かすみとの偶然の出会いは、過去の恋に縛られていた僕の人生を大きく動かした。あれから二年、転職した僕の前にひとりの男が訪ねてきた。そして、かすみとその妹ゆかりを思い出さずにはおかぬこの男が、信じられない話を切り出した。物語は、驚愕のエンディングが待つside-Bへ。今日と明日をつなぐ五分間の隙間を破り、魂震わす極限の愛が生まれる。(必ずside-Aから読んでください)

 

【感想】

虚無感を漂わせる無感情な僕の、、恋人を事故で無くした悲しみがあるのかないのかもよくわからない淡泊な感情を読むのに億劫を感じたけど、、sideBを期待しながら、何とかsideAを読みました。。ε-(;ーωーA フゥ…

さてsideBへ。。あれ?sideAの続き。。?

え?思ってたのと違う。。視点が変わるのかと思ったら、また「僕」が語り出してる。sideAのその後を。勘違いしてしまったけど、仕方ない。何とか読もう。。絶望的ではない喪失を抱える主人公と一卵性双生児の謎。。どちらに焦点を向ければ良いのかわからない話。。僕は何を失って、何のために休んで、何を確かめたくて、何に辿り着きたいの?。。。実はそこまで興味を持ってるわけではない。。最後までどうしても好きになれない僕のこと。。なるほど、、この僕、、ワタナベくん(『ノルウェイの森』)に似てる。。話も。。恋人の死。喪失感。虚無感。再生の旅。。『ノルウェイの森』は何度か読み、何度もワタナベくんに拒否反応を示してた。。その感覚にすごく似てる。。