みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『女子漂流』 中村うさぎ 三浦しをん

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【感想】

女の業を体現し続ける作家・中村うさぎと女戦線からの離脱を切に願う"隠遁女子"作家・三浦しをん。歩んだ道が真逆の二人が行き着く場所は。。

なんとも過激で本当にないしょにした方がいいのでは?と思うほど赤裸々ガールズトークでした。。中村うさぎさんの壮絶な人生を考えると、大したことはないのだろうけど、、ストレートな物言いに苦笑い連発。。ほんのり気遣いを見せるしをんさんがとても可愛らしい。。
相反する二人の女子の様々な価値観。。女子校の世界、恋愛から結婚、性について、日常、生きる道。。偏りがかなり濃く滲み出ているけど、共感するところもあり。。女子の人生の選択肢の多さと捨てた選択肢の復讐など、、とてもわかる。。男性についての話も、、男性に優しくて厳しい女子たち。。笑。男性が読んだら、、沈んで浮かんで来なさそう。。
会話に出てくるワードもなかなか面白くて辛辣。。女が作ったカツアゲシステム(専業主婦)。。隠遁力(しをんさんの理想郷?)。。女子校の中の連絡線の通わない島々での得体の知れない鳥一派(凄くおとなしい子たちの集まり)

女子トークならではの話の広がりと創作力。。女子ってめんどくさいけど、面白い生き物なのです。