みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『六番目の小夜子』 恩田 陸

 

六番目の小夜子 (新潮文庫)

六番目の小夜子 (新潮文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

 

恩田陸の世界に浸りたくて、大好きな理瀬シリーズ『麦の海に沈む果実』を読もうと思ったら、、本棚になかった(誰かにあげちゃったみたい。買わねば。)じゃ、続編の『黄昏の百合の骨』と思ったけど、なぜか手が小夜子伝説へ。。再読。。

懐かしい不思議な学園ミステリー。。淡い恋愛もあり、恩田作品には欠かせない謎の少女、終始不穏の空気が漂う緊張感。。

成績優秀の人気者・関根秋、分析力が意外にある明るい秋の親友・唐沢由紀夫、真面目でしっかり者の花宮雅子、謎の美少女転校生・津村沙世子。。

今年選ばれたサヨコは誰か?サヨコ伝説の裏には何が隠されているのか?

各々の思いを巡らすサヨコの謎。。

 

恩田ワールドがここから始まったと思うと、、最初に読んだ時より、楽しめたかなぁ。。