みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『スロウハイツの神様』 辻村 深月

 

 

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

 
スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

【感想】

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ。少年少女たちの殺し合いが起きた事件から10年。

アパート「スロウハイツ」オーナーで人気脚本家・赤羽環は漫画家、画家、映画監督の卵達、チヨダ・コーキと共同生活をする。

上巻は人物紹介、出会い、夢に向かうクリエイターたちの日常が描かれる。。赤羽環やチヨダ・コーキの才能に刺激を受ける住民たち。ライバル意識が芽生え、ぶつかり合うシーンなど、熱い展開が繰り広げられたり、新たな人気作家やニセチヨダ・コーキが現れ、謎めいた方向に。。

下巻は環境に少し変化があり...。環の過去やニセモノコーキ探しなど、、ミステリー要素と素敵なエピローグからのラストシーン。。赤羽環の愛情を超える友情物語が「優しさ」に溢れてて、一気読みでした。

作品が与える影響力。。人の命も奪うかもしれないけど、生も与える。。仕事への覚悟、夢、誇りがとても真摯に描かれて、、幅広く読んでもらいたい一冊。。

 

クリエイターたちの思いやりシェアハウス、面白かった。。個人的に気になる人物・スー(炊事担当、画家の卵の森永すみれ)のダメンズとの恋愛と環との友情にはハラハラズキズキでした。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

 

さてさて、、ややネタバレになりそうだけど、、チヨダ・コーキも大絶賛した人気作家・幹永舞の正体は??これは辻村作品っぽい謎ね。。クールに演技してるわね。。そこがわかると、また違った側面を見せる要素にもなると思う。。