みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『1ミリの後悔もない、はずがない』 一木 けい

 

1ミリの後悔もない、はずがない

1ミリの後悔もない、はずがない

 

 おすすめ ★★★★☆


【内容紹介】

「俺いま、すごくやましい気持ち……」わたしが好きになったのは、背が高く喉仏の美しい桐原。 あの日々があったから、そのあと人に言えないような絶望があっても、わたしは生きてこられた。ひりひりと肌を刺す恋の記憶。出口の見えない家族関係。人生の切実なひと筋の光を描く究極の恋愛小説。
第15回女による女のためのR-18文学賞読者賞受賞作。

 

【感想】

椎名林檎絶賛本なので、読んでみました🍎
全5編で構成されている連作短編集。
第一話の「西国疾走少女」は椎名林檎のバンド東京事変の『閃光少女』を聞きながら書いたそうです(作者は林檎ちゃんファンだそうで、デビュー作で帯を書いてもらって幸せだなぁ。。)

 

「西国疾走少女」
中学2年生になった由井はクラスメイトの桐原に恋をする。背が高く喉仏の美しい桐原。 家庭環境が複雑な由井の頭の中は桐原が全てだった。桐原以外の時間はひたすら駆け抜けていくだけ。周りはどうでもよかった。。まさに疾走少女ね。。

 

初恋で少女から一気に大人の女になる瞬間。。「なぜ惹かれるのか。色気としかいいようがない。」
未熟な心が本能で衝き上げられた感情のまま恋に走っていくのが、ドキッとする。。恋に落ちる理由のない異性への色気に惹かれる。そういう言葉には表せない恋の表現がとても本能的に描かれてると思います。
「大切なものをうしなう後悔」と「欲しかったものが得られなかった後悔」過去は変えられない。色々な後悔はある。後悔のない人生なんてないけど、、誰もが前に進んでるんです。時折、過去を引きずりながら。。

これからが楽しみな作家さんです。