みみの無趣味な故に・・・

読書、、映画、、音楽、、ゲーム、、インドア大好き。。感想を書いてます。

『不祥事』 池井戸 潤

 

新装版 不祥事 (講談社文庫)

新装版 不祥事 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

ベテラン女子行員はコストだよ―そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。トラブルを抱えた支店を回って業務改善を指導する花咲は、事務と人間観察の名手。歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!新ヒロインの活躍が痛快なオフィス名編集。

 

【感想】

池井戸さんの銀行小説、、初めて読みました。トラブルありの支店の事務指導、解決をする花咲舞。とっても嫌〜な銀行員や取引先をスカッと解決。。
特に「彼岸花」というお話がよかった。超エリート行員で次期頭取候補と言われる真藤の元に送られた彼岸花。。送り主名は自殺をした元行員。部下の児玉が独自に調査をする。この話だけ花咲舞が主役ではないが、意外なところで現れる。。銀行組織で働く意味、人としての仕事意識を考えさせるお話。

支店の土地柄によって起きるトラブルや仕事への責任感、女子社員の悩み、エリート行員の出世欲、自己保身など、様々な銀行内の問題が描かれていて、、金融界の知られざる裏側を少し知ることができました。